ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

GNUnetは、セキュリティの提供に重点を置いたピア・ツー・ピア・フレームワークです。ネットワーク上のすべてのピア・ツー・ピア・メッセージは、認証されて機密性が保たれます。フレームワークは、トランスポート抽象化レイヤを提供し、現在のところ、UDP、TCP、HTTP、HTTPS又はdirect 802.11 (WLAN)でネットワーク・トラフィックをカプセル化することができます。GNUnetはより良いサービスで貢献するノードを提供するために、アカウンティングをサポートします。サービスは匿名ファイル共有や、P2Pネットワーク上のプロトコル変換を用いたIPv4-IPv6変換を提供するバーチャルネットワークのフレームワーク上に構築されています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-22 13:13
0.9.5

(パブリッシャーとレプリケーター匿名性のレベルは 0 を使っていますが) このリリース複数ホップの上非匿名データ移転のためのサポートを追加します。それは様々 なバグ修正を行った、gnunet セットアップと gnunet fs gtk ユーザインターフェイスで化粧品の改善が含まれます。
タグ: Major bugfixes, Minor feature enhancements
This release adds support for non-anonymous data transfers over multiple hops (if both
publisher and replicator are using an anonymity level of zero).

It fixes various bugs and includes cosmetic improvements in the
gnunet-setup and gnunet-fs-gtk user interfaces.

2012-02-29 07:23
0.9.2

このリリースで大幅なパフォーマンスと安定性の改善の結果、VPN サブシステムの主要な書き換えをもたらします。また、新しい線形プログラミングに基づいて自動トランスポート選択メカニズムが含まれています。さまざまなバグを修正し、各種の API の拡張とその他の改善をもたらします。VPN サブシステム以外は、このリリースはプロトコルと互換性のある GNUnet 0.9.1 で。
タグ: Major feature enhancements, major bug fix
This release brings a major rewrite of the VPN subsystem, resulting in significant performance and stability improvements. It also includes a new linear programming based automatic transport selection mechanism. It fixes various bugs and brings various API extensions and other minor improvements. Except for the VPN subsystem, this release is protocol-compatible with GNUnet 0.9.1.

2011-12-27 07:41
0.9.1

これはバグ修正リリースです。改善には、ファイル名、ファイル共有、コンテンツの移行をより良いヒューリスティック、ネットワーク サイズ推定プロトコルの重要なトラフィック削減の改良のキーワード抽出が含まれます。コード今 LAN と WAN 間の帯域幅の消費を区別します。バグ修正、増加の FD_SETSIZE w32 等、ネットワーク上のメッセージ W32、およびさまざまなクラッシュでデータストア、ファイル共有、トランスポート、AT、および hostlist サブシステム) の修正プログラムの修正構造体の配置に含めます。
タグ: Major bugfixes
This is a bugfix release. Noteworthy improvements include improved keyword extraction from filenames, a better heuristic for file-sharing content migration, and a significant traffic reduction for the network-size estimation protocol. The code now distinguishes between LAN and WAN for bandwidth consumption. Bugfixes include an increased FD_SETSIZE on W32, corrected struct alignment for network messages on W32, and fixes of various crashes (in the datastore, file-sharing, transport, ATS, and hostlist subsystems).

2011-12-01 09:44
0.9.0

このリリースは、アーキテクチャの主要な変更や、システムのほとんどの書き換えです。改善には、新しいマルチ プロセス アーキテクチャ、新しい VPN サブシステム、(自動正当性テストの構成を含む)、新しいセットアップ ツール、非匿名メッシュ ルーティングがサポート、NAT トラバーサル データ改善トランスポートを介して HTTPS および WLAN、ピアの検出、LAN 経由でブロードキャスト (IPv4) と IPv6)、マルチキャストに接続、パフォーマンスの大幅な改善、および電源の公開ファイル共有のコンテンツのレプリケーションを改善するためを提供、イベント駆動式実行モデルが含まれます。
タグ: Major feature enhancements
This release is a major change of the architecture and a rewrite of most of the system. Improvements include a new multi-process architecture, a new VPN subsystem, a new setup tool (including automated correctness tests for the configuration), support for non-anonymous mesh routing, data transport over HTTPS and WLAN, peer discovery in the LAN via broadcast (IPv4) and multicast (IPv6), improved connectivity via NAT traversal, an event-driven execution model providing significant performance improvements, and power publishing for file sharing to improve content replication.

2010-02-24 08:27
0.8.1b

は、ローカルのデータストア内のコンテンツの損失、特定の状況下、このリリースで修正さ2つの問題の結果でした。
タグ: major bug fix
This release fixes two issues that could result in the loss of content in the local data store under certain circumstances.

プロジェクトリソース