ダウンロードリスト

プロジェクト概要

gnuboy は他のポート、将来を計画ポータブル C では、x11、Linux fbcon と svgalib、SDL では、DOS と Windows 用のインターフェイスを持つカラー版ゲームボーイ ハンドヘルド コンソールをエミュレートします。テストの Rom との互換性は約 99 %、SGB 拡張子を除くすべての主要なハードウェア機能をサポートしています。省略可能な最適化された i386 アセンブリ コードも Pentium/75 s と下 gnuboy フル 60 FPS で実行できます。特別なライブラリをコンパイルする必要はありませんし、gnuboy は多くの上に構築する知られている * nix の亜種。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2001-04-10 18:02
0.9.13

このリリースの準備には、次のバージョンの場合、すべてがうまくいく可能性が高い1.0の安定のための機能凍結をマークします。どのポケモン黄色で視覚的なグリッチやモンテスマのリターンでは、クラッシュの原因は、i386アセンブリCPUのエミュレーションコアで、いくつかのバグが修正されました。路地にマイナーな視覚的な不具合も修正されています。マイナーな新機能のハードウェアがLinux上でmatroxfbと、この時点で(のmga G200/G400コンソールのみ)スケーリングするためのサポートが含まれ、さらに、特定のスケールファクタのスケーラー最適化された。
タグ: Minor bugfixes, Development
This release marks a feature freeze in preparation
for 1.0 stable, which is likely to be the next
version if all goes well. Several bugs in the i386
assembly cpu emulation core, which caused visual
glitches in Pokemon Yellow and a crash in
Montezuma's Return, have been fixed. A minor
visual glitch in Alleyway has been corrected as
well. Minor new features include support for
hardware scaling on the Linux console with
matroxfb (MGA G200/G400 only at this time), and
more optimized scalers for particular scale factors.

2001-04-03 22:22
0.9.12

ハードウェアYUVの空間画面のスケーリングされては、SDLポート(現在のみ)を統合しました。これは、どんなサイズにCPU使用率が実質的に増加しないと、画面イメージのスケーリングができます。いくつかのバグとしても、1つは、作業からバイナリカオスの印象的な自作のゲームを防ぐなどの固定されている。
タグ: Major feature enhancements, Development
Hardware YUV-space screen scaling has been integrated (currently only in the
SDL port). This allows scaling the screen image to any size with virtually no
increase in CPU usage. Several bugs have been fixed as well, including one that
prevented the impressive homebrew game Binary Chaos from working.

2001-04-02 05:53
0.9.11

多くのエミュレーションbigfixes。ゲームは今プレイは失敗するために使用GBCのコナミコレクションシリーズは、ワームアルマゲドンとテュロック3。タイマー関連の音バグ(GBCのバージョン)およびバイオニックコマンドー:エリート部隊スパイダーマンインチSDL_HWSURFACEモードは、Windows上ではもはやクラッシュが修正されましたなどので、今では、常に、これはかなりいくつかの状況でのパフォーマンス向上が有効になっています。新しい画面がスケーリングコードは若干速く、より規模の要因:2倍、3倍、および4xをサポートします。
タグ: Major bugfixes, Development
Many emulation bigfixes. Games that used to fail
but are now playable include the GBC Konami
Collection series, Worms Armageddon, and Turok 3.
Timer-related sound bugs were fixed in Spiderman
(GBC version) and Bionic Commando: Elite Forces.
SDL_HWSURFACE mode no longer crashes on Windows,
so it is now always enabled, which improves
performance considerably in some situations. The
new screen scaling code is slightly faster and
supports more scale factors: 2x, 3x, and 4x.

2001-03-27 05:52
0.9.10

オプションが非常に高速な原始的な画面にスケーリングするための2つの因子(のみ)が追加されている256色モードではチャンネルごとに静的なパレットの改善においては、8bppディスプレイ上でhighcolorゲームをサポートするために(3/3/2ビット)。いくつかのエミュレーションのバグが修正されているが、今Daedalian Opusのスーパーレッドカードプロと再生可能なアムいくつかのグラフィカルなグリッチスパイダーマンGBCのに固定されます。その他のマイナーなcompiletimeおよびランタイムのバグが修正されている、とパフォーマンスを、一定の条件の下で改善されることがあります。
タグ: Major feature enhancements, Development
Options have been added for primitive but very fast screen scaling (only by a factor of two), and for static palette (3/3/2 bit per channel) in 256 color mode to better support highcolor games on 8bpp displays. Several emulation bugs have been fixed; now Daedalian Opus and Super RC Pro-Am are playable and some graphical glitches are fixed in Spiderman GBC. Other minor compiletime and runtime bugs have been fixed, and performance may be improved under certain conditions.

2001-03-24 15:28
0.9.9

主要なバグは、保存状態が誤って、時には無駄な回復または復元することは困難にレンダリングがロードされる可能性が修正されました。様々な修正は、SDLのサウンドのコードでは、フルスクリーンモードでは、Windowsで動作することが行われている。 DOSの港では現在、完全thinlibをベースに、それをサポートして複数のビデオモード(ただし、それらの選択の方法が若干異なる場合)、一部のユーザーの前に経験したが、時折スタックキーの問題もなくキーボード入力がはるかに良く処理する必要があります。さまざまな最適化は、グラフィックスのコードには、遅かった、ローエンドのシステム上でパフォーマンスを改善なされている。
タグ: Major bugfixes, Development
A major bug was fixed that could cause saved states to be loaded incorrectly, sometimes rendering them useless or difficult to recover. Various fixes have been made in the SDL sound code, and fullscreen mode may now work on Windows. The DOS port is now entirely thinlib-based; it supports more video modes (although the method of selecting them is slightly different) and should handle keyboard input much better, without the occasional stuck key problems that some users experienced before. Various optimizations have also been made to the graphics code, improving performance noticably on low-end systems.

プロジェクトリソース