ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

GKrellMは、SMP CPU、ディスク、負荷、アクティブなネット・インタフェース及びインターネット接続を図示化するGTKベースのスタック・モニタ・プログラムです。メモリとスワップの監視、マウント/アンマウント機能を備えるファイル・システム、POP3とIMAPを含むメールボックスのチェック、時計/カレンダ、ラップトップ・バッテリ、センサ(温度、電圧及びファン)、及び稼働時間のための組み込み型モニタです。これは、ネット監視用LED、オン/オフ・ボタン及びPPP用オンライン・タイマを持ちます。また、設定用ポップアップGUI、プラグイン拡張のインストール、並びに多くのテーマが利用できます。更にクライアント/サーバ監視機能もあります。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-10-14 21:09
2.3.5

特殊文字を含むIMAPメールのチェックが修正されています。 Windows上でgkrellmdのディスクの監視が修正されています。 IPv6サポートはときに、Windowsの建物が追加されました。 Windows Vista上でアクティブなIPv6のTCP接続の監視またはそれ以降のサポートが追加されています。新しいLinux hwmonセンサーのサポートが追加されています。 FreeBSDのメモリ使用量の計算が更新されています。 、ドイツ語、スペイン語、ブラジル系ポルトガル語の翻訳が更新されています。 GCCの最近のバージョンとエラー新しいFedoraのシステムではコンパイル時にコンパイル警告が修正されています。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
IMAP mail check with special characters has been fixed. Disk monitoring in gkrellmd on Windows has been fixed. IPv6 support when building on Windows was added. Support for monitoring of active IPv6 TCP connections on Windows Vista or newer has been added. Support for newer Linux hwmon sensors has been added. FreeBSD memory usage calculation has been updated. The Spanish, German, and Brazilian Portuguese translations have been updated. Compile warnings on recent versions of GCC and errors when compiling on newer Fedora systems have been fixed.

2009-01-05 20:53
2.3.2

エラーログは、ファイルまたはstdoutにログインすることができますが追加されました。また、現在、syslogにログすることができますgkrellmd。電子メール認証する(オプション)libntlmを介して行われます。時計やカレンダーの文字列が現在のシステムロケールを尊重によって解析されます。Linuxのsysfsをバッテリーのインターフェイスがサポートされ、推奨さ優先の/ proc / ACPIのインターフェイスです。のMac OS X Leopard上で構築するためのサポートが追加されました。様々なバグが修正された翻訳を更新しました。
タグ: Minor feature enhancements, GTK 2.0
Error logging was added, which allows logging to a
file or stdout. Additionally, gkrellmd can now log
to syslog. Mail authentication is now (optionally)
done via libntlm. Clock and calendar strings are
now parsed by honoring the current system locale.
The Linux sysfs battery interface is now supported
and preferred over the deprecated /proc/acpi
interface. Support for building on Mac OS X
Leopard was added. Various bugs were fixed and
translations were updated.

2007-12-10 14:58
2.3.1

クロック/カレンダモニタ設定の表示形式を文字列はstrftimeの変換文字とPangoのテキストを含むユーザが使用するようにリライトされたマークアップ文字列の属性です。さまざまなバグが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements, GTK 2.0
The Clock/Calendar monitor was rewritten to use
user configurable display format strings
containing strftime conversion characters and
Pango text attribute markup strings. Various bugs
were fixed.

2007-08-03 20:05
2.3.0

様々なバグ修正と更新されます。
タグ: Minor bugfixes, GTK 2.0
Various bugfixes and updates.

2006-05-05 16:35
2.2.9

このリリースでは、ユーザーが構成オプションを組み込み、バッテリーは電池の存在を選択したが発生したセグメンテーション。
タグ: Minor bugfixes, GTK 2.0
This release fixes a segfault which occurred if the user selected the
configuration option Builtins-Battery with no batteries present.

プロジェクトリソース