ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GeoServerは、ユーザが地理空間データを共有及び編集することができるソフトウェア・サーバです。 相互運用のために設計されていて、オープンスタンダードを使用して、任意の主要な空間データソースからデータを公開しています。GeoServerは、Open Geospatial Consortium(OGC)のWebフィーチャ・サービス(WFS)とWebカバレッジサービス(WCS)の規格と同様に、高性能認定に準拠したWebマップサービス(WMS)のリファレンス実装です。GeoServerは、地理空間Webのコアコンポーネントを形成しています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-24 11:39
2.2.4

監視の拡張モジュールは、今公式拡張 [ジオス-5538] です。[ジオス-5371] カタログを再読み込みの後、ステータス ページはもはやエラーをスローします。重要な修正プログラムは、freemarker テンプレート [ジオス-5533] の残りの部分の構成で行われています。
タグ: 2.2.4

The monitoring extension module is now an official extension [GEOS-5538].


The status page no longer throws errors after catalog reloads [GEOS-5371].


A critical fix has been made in the REST configuration of freemarker templates [GEOS-5533].

2012-12-25 12:28
2.2.3

このリリースには、いくつかのマイナーな新機能と興味深い修正が含まれています。
This release contains some minor new features and interesting fixes.

2011-06-23 22:50
2.1.1

これは主に、PostGISの地理のレンダリングの問題、WPS対応の出力、ロギング機能、およびドキュメントの不整合のために作られた修正とバグ修正リリースです。新しいWPSプロセスが追加さだけでなく、PostGISの2.0のサポートされています。
タグ: Stable
This is primarily a bug fixing release, with fixes made for PostGIS geography rendering issues, WPS response outputs, logging capabilities, and documentation inconsistencies. New WPS processes have been added, as well as support for PostGIS 2.0.

2011-05-14 06:42
2.1.0

このリリースでは、春のセキュリティは、WCSへのアップグレードは、SQL層からのWMSのカスケード接続、仮想サービスは、Web処理サービス、メジャーのSLDユニットは、DPIスケーリング、グラフィカルなファイル/ディレクトリ選択ダイアログは、データベースバックアップカタログ、フォントの改善など、多くの新しい機能が含まれています制限は、WMSの1.3.0、GeoWebCache直接のWMS統合、改良されたラスタ投影性能は、WCS要求ビルダーと、はるかに1.1 / SEは1.1の改善をSLDを。
タグ: Stable
This release contains many new features, including WMS Cascading, Virtual Services, Layers from SQL, Web Processing Service, SLD Unit of Measure, DPI scaling, Graphical file/directory chooser, database-backed catalog, font improvements, upgrade to Spring Security, WCS limits, WMS 1.3.0, SLD 1.1 / SE 1.1 improvements, GeoWebCache direct WMS integration, improved raster reprojection performance, a WCS request builder, and much more.

2010-05-26 07:01
2.0.2

このリリースでは、Oracle GeoRasters、epsgの範囲の可視化、および層の公開設定の既定のスタイルのプレビューをサポートしています。また、ダイナミックなスタイリングのためのSLDのパラメータの置換を含む改善をレンダリングすると、ジオメトリ変換機能の完全なドキュメントが含まれます。また、イメージのピラミッドは、アプリケーションスキーマ内の多型、およびGetStyles WMSの操作の実装を構築するための追加があります。無数のバグ修正と小さな改良がなされている。
This release includes support for Oracle GeoRasters, visualization of EPSG coverage, and default style preview in layer publishing configuration. It also includes rendering improvements, including SLD parameter substitution for dynamic styling, and full documentation for geometry transformation capabilities. There are also additions for building image pyramids, polymorphism in application schemas, and implementation of the GetStyles WMS operation. Countless bugfixes and small improvements have been made.

プロジェクトリソース