ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Gentooは2ペインの概念を使用し、ややDOpusに触発されたファイルマネージャです。それは非常に構成可能であることを目指して、プログラム自体内のGUIから設定のすべてを行うことができます。ファイルシステムへのアクセスは可能である限り、GIOの仮想ファイル·システム·レイヤを介して行われます。高度なファイルタイピングとスタイリングシステムを使用して、Gentooはそれらに影響する方法も、そのリスト内のファイルの表示方法を決定します。パッケージは、ファイルの多くの異なる種類のための120以上のユニークな手作りのアイコンのセットが含まれています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-19 04:54
0.19.13

Gentoo は今、任意のコマンド ボタンはないそれを構成する場合より実行されるようにこのリリース UI 柔軟性が向上します。それは、情報ウィンドウが正常に終了できないバグを修正します。それは深く複雑なディレクトリのための時間の膨大な量を保存、名前の変更を試みる前に、サイズが同じデバイスに移動を計算するには [移動] コマンドのコアを書き換えます。
This release improves UI flexibility so that gentoo now runs better if you configure it to not have any command buttons. It fixes a bug that prevented the Information window from successfully closing. It rewrites the core of the Move command to not compute the size before trying a rename, saving huge amounts of time for deep/complex directory moves on the same device.

2011-10-05 10:30
0.19.12

実行できなかったバグ ダイアログ リターンが押されたときに、修正、選択したバグで予期しないか、壊れて選択要件、GTK のサポートを追加 + ウィンドウの役割の un-ghosting ときのフォーカスの再キャプチャが向上外部コマンドの実行コマンドからこのリリースで修正、ブロック コマンドを実行した後、ウィンドウを実装する」の特別なファイル」を (例えばコピー、デバイスや Fifo)、と、結合より良いフィードバックを (それだっただけ更新各ソース ファイルは、非常に大きなファイルに分かかる処理された後) に実行します。
This release fixes a bug which prevented the Run dialog from executing the selected command when Return was pressed, fixes a bug in running of external commands which made the selection requirement be unpredictable or just broken, adds support for GTK+'s window roles, improves focus re-capture when un-ghosting a window after running a long blocking command, implements copying of "special files" (e.g., devices and FIFOs), and makes the Join command run with better feedback (it was only updating after each source file was processed, which could take minutes for very large files).

2011-08-27 22:40
0.19.11

名前の変更コマンドは、オプションで拡張子の変更を防止するのに便利ですファイル名の部分部分を、事前に選択されます。スペイン語とカタロニア語の翻訳が更新されました。リターンがダイアログを閉じるようにより良いデフォルトのアクションの処理は、実装されました。情報ウィンドウが現在のサイズと位置を記憶しています。設定ファイルの場所と名前はポイ捨て少ないファイルシステム用に変更されました。
The Rename command now optionally pre-selects parts of the filename, which is handy for preventing changing of the extension. The Spanish and Catalan translations were updated. Better default action handling was implemented, so that Return dismisses the dialog. The Information window now remembers size and position. The location and names of configuration files was changed for less filesystem littering.

2011-06-13 06:21
0.19.10

GTK +の2.24を必要とするように更新されました。多くのバグ修正と改善。色で強調表示ペインのヘッダの再導入に積極的に表示されます。ペインには、-移動の入力フォーカスを切り替える。ラバーバンド選択をサポートしています。ダイアログのキーボード処理が改善されています。キーボードからSelectTypeコマンドは、もはやクラッシュの原因となる。ウィンドウのタイトルバーにアクティブなウィンドウの現在の位置を示します。カタロニア語とスペイン語の翻訳が更新されました。
Updated to require GTK+ 2.24. Many bugfixes and improvements. Reintroduction of pane header highlighting by color to show activeness. Pane-switching moves input focus. Support for rubber-band selection. Dialog keyboard handling has been improved. The SelectType command from the keyboard no longer causes a crash. Shows the active pane's current location in the window's title bar. Catalan and Spanish translations have been updated.

2011-01-30 07:41
0.19.9

それは不可能に固定されたダブルクリックしてファイルおよびディレクトリ名に対して行われたバグ。 configureスクリプトは、GTKの最新バージョンを+要求するように調整されました。二つの新しい翻訳はカタロニア語、スペイン語が追加されました。他のいくつかのマイナーな修正が行われた。
A bug that made it impossible to double-click file and directory names was fixed. The configure-script was tweaked to require a more recent version of GTK+. Two new translations were added for Catalan and Spanish. A few other minor fixes were made.

プロジェクトリソース