ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GNU コンパイラコレクション(The GNU Compiler Collection) はC, C++, Objective-C, Fortran, Java, Adaのフロントエンドと それらの言語向けのライブラリを含んだ、フル機能の ANSI Cコンパイラです(K&R Cもサポートしています)。 GCCは、伝統的には他のツール(例えば、lintのような)が提供していた、いくつものレベルのソースコードエラーチェック機能、 デバグ情報提供機能などを持っています。 また、オブジェクトコードの最適化のための様々な 処理を行うこともできます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-19 11:59
4.6.2

このリリースは 100 以上の報告された問題を修正します。
タグ: Major bugfixes, Stable
This release fixes over 100 reported problems.

2011-06-30 00:38
4.6.1

これは前回のリリース以降に修正された150以上のバグで、回帰分析と重大なバグの修正を含むバグ修正リリースです。
タグ: 4.6, Major bugfixes, Stable
This is a bug-fix release containing fixes for regressions and serious bugs, with over 150 bugs fixed since the previous release.

2011-03-29 06:12
4.6.0

新しいプラットフォームが追加されましたが、いくつかのプロセッサアーキテクチャのサポートは、廃止されました。新しい一般的な最適化レベルは、- Ofast、導入されました。スケーラブルなプログラム全体の最適化(WHOPR)プロジェクトが使用されている点に安定しています。多くのリンク時間とプロシージャー間の最適化の改良が行われた。言語のCファミリでは、選択的に有効または無効にする警告のためのサポートが追加されました。のC + +0実験的なサポートは、xと同様にISO C標準のC1Xの改正、改善した。多くのC + +診断が改善された。他の多くの改良が行われた。
タグ: Minor bugfixes, Major feature enhancements, Stable
Support for several processor architectures was obsoleted, while new platforms were added. A new general optimization level, -Ofast, was introduced. The Scalable Whole Program Optimizer (WHOPR) project has stabilized to the point of being usable. Many link-time and interprocedural optimization improvements were made. In the C family of languages, support for selectively enabling and disabling warnings was added. The experimental support for C++0x was improved, as well as for the C1X revision of the ISO C standard. Many C++ diagnostics were improved. Many other improvements were made.

2010-08-17 18:32
4.5.1

のx86 - 64(x86_64の新しいリンク時の最適化のLTOは、("- flto")また、いくつかの非ELFターゲットでサポートされている今、すなわちCygwinの(*-のcygwinの*)、MinGWの(*- mingwの*)、およびDarwin上リンゴダーウィン*)は、LTOがこれらの目標は、デフォルトで有効になっていません。多数のマイナーなバグが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements, Minor bugfixes, Stable
The new link-time optimizer LTO ("-flto") is now also supported on several non-ELF targets, namely Cygwin (*-cygwin*), MinGW (*-mingw*), and Darwin on x86-64 (x86_64-apple-darwin*), though LTO is not enabled by default for these targets. Numerous minor bugs were fixed.

2010-04-18 04:46
4.5.0

最適化は、Intel Atomプロセッサ、および他のプロセッサのサポートが追加された強化されました。 MPCのライブラリは、より正確な時刻の演算の評価をコンパイルする統合された。新しいリンク時の最適化は、南北手続き最適化できるように追加されました。多くの最適化が改善された。 Cコンパイラはすぐに不足しているヘッダファイルを終了します。のC + +0実験的にサポートxは改善された。実験C + +のプロファイルモードが追加されました。他の多くの変更が行われた。
タグ: Major feature enhancements, Minor bugfixes, Stable
Optimizations for Intel Atom processors were added, and the support for other processors was enhanced. The MPC library was integrated for more accurate compile time arithmetic evaluation. A new link-time optimizer was added, to allow for inter-procedural optimizations. Many optimizations were improved. The C compilers now exit immediately on a missing header file. The experimental support for C++0x was improved. An experimental C++ profile mode was added. Many other changes were made.

プロジェクトリソース