ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Gangliaは、クラスタやグリッドといったようなハイパフォーマンスコンピューティングシステムを対象とした、スケーラブルな分散処理型のモニタリングシステムです。クラスタの集合体をターゲットとしているため、階層化設計がその基本となっています。現時点でGangliaは世界中において500以上のクラスタで使われており、2000ノードからなるクラスタをすでに扱えるところまで拡張されています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-07-31 13:21
3.1.0

CとPython(DSOサポート)やPythonでスクリプトメトリックモジュールをサポートするためのモジュールメトリックインターフェイスです。すべての既存のメトリック(CPU、ネットワーク、ディスク、メモリ、など)のメトリックをモジュールに変換されました。新しいメトリックモジュールが導入されました:マルチCPU、マルチディスク、およびtcp_conn状態。フロントモジュラーエンドグラフのサポートが追加されました。を見ることができるかのように実装された目的の隠されたメトリックのグループ。その他のスケーリング容量のメモリよりも大きい4TBのシステム向けに提供されました。 Windows用のネイティブのメトリックのサポート(cygwinで)組み込み改善されました。
タグ: Major feature enhancements, Monitoring core
A modular metric interface for C and Python (DSO support) and scriptable metric module support with Python. All pre-existing metrics (CPU, network, disk, memory, etc.) were converted to metric modules. New metric modules were introduced: multicpu, multidisk, and tcp_conn status. Modular front-end graph support was added. Metric groups that can be viewed or hidden as desired were implemented. Additional scaling capacity was provided for systems with memory greater than 4TB. Native metric support for Windows was improved (Built with CygWin).

2008-04-18 19:31
3.0.7

ホストが正しく機能するメトリックのグラフを表示します。表示"ホスト"再び動作するトグル。 Linux上でのネットワークの統計では、メモリリークが修正されています。 gmondになりすまし、メモリリークが修正されています。
タグ: Minor bugfixes, Monitoring core
Host view metric graphs now work correctly. "Show Hosts" toggled works again. A memory leak in network metrics on Linux has been fixed. A spoof memory leak on gmond has been fixed.

2006-04-18 09:33
3.0.3

このリリースでは、XMLポートの出力が発生するバグが切り捨てられるため、修正、コンパイルエラーはFreeBSDのラウンドに弾力性のあるロビンデータベースの問題になります"gmond - t"の出力の詳細は、更新は、基になるApacheランタイムライブラリを完了すると、gmetadなる最大の拡大gmetricメッセージのサイズは、Webフロントエンドには、さまざまなマイナーなPHPのバグフィックスを提供し、三次元円グラフの効果を追加します。
タグ: Minor bugfixes, Monitoring core
This release fixes a bug that caused XML port output to be truncated, fixes FreeBSD compilation errors, makes gmetad more resilient to round-robin database problems, makes "gmond -t" output more complete, updates the underlying Apache runtime library, expands the maximum size of gmetric messages, provides various minor PHP bugfixes in the Web frontend, and adds 3D pie graph effects.

2006-01-24 22:30
3.0.2

新しいAIXのメトリックコードです。 NetBSDのサポートが追加されています。今では、PIDファイルを指定することが可能ですgmondとgmetad。バグ修正とgmondの下位互換性をサポートします。 MacOSをTigerの修正をコンパイルします。は、Webフロントエンドでは、PHPの修正。他のさまざまなバグ修正とコードの整理。
タグ: Minor bugfixes, Monitoring core
New AIX metrics code. NetBSD support has been added. It is now possible to specify the PID file with gmond and gmetad. Bugfixes and backwards compatibility support for gmond. Compile fixes for MacOS Tiger. PHP fixes in the Web frontend. Various other bugfixes and code cleanups.

2005-03-25 11:57
3.0.1

深刻なgmond通信バグgmond.conf変換コードは、gmond.conf今のことができます修正されて固定され、現在は正しく、およびネットワークのメトリックを収集するいくつかのFreeBSDのメトリックコレクションのバグが修正されました()文は、Linux 2.6.xではマシンが含まれます。
タグ: Minor bugfixes, Monitoring core
A serious gmond communication bug was fixed, the
gmond.conf conversion code was fixed, gmond.conf now
allows for include() statements, Linux 2.6.x machines now
correctly collect network metrics, and some FreeBSD metric
collection bugs were fixed.

プロジェクトリソース