ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Gabedit is a graphical interface for the FireFly, Gamess-US, Gaussian, Molcas, Molpro, MPQC, NWChem, OpenMopac, ORCA, and Q-Chem computational chemistry packages. It includes a 3D molecule editor and viewer. Most major molecular file formats are supported, and graphics can be exported in many formats.
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-09-29 05:49
2.4.0

マイナーバグが修正されました。 NWChemがサポートされるようになりました。ネイティブのWindows GAMESSがサポートされるようになりました。
タグ: Minor bugfixes, Stable
Minor bugs have been fixed. NWChem is now supported.
The native Windows gamess is now supported.

2011-01-21 07:27
2.3.5

マイナーバグが修正されました。原子は分子動力学シミュレーション中に固定することができます。移行OpenGLのカイロからジオメトリウィンドウを描画してください。 GtkGLExtにgtkglareaからの移行。並列化は、OpenMPを使用します。
Minor bugs were fixed. Atoms can be fixed during a molecular dynamics simulation. Migration from Cairo to OpenGL for drawing the geometry window. Migration from gtkglarea to GtkGLExt. Parallelization using OpenMP.

2010-07-12 17:50
2.3.0

マイナーバグが修正されました。ユーザーがfchkガウスファイルから軌道、幾何学、および通常モードを読み取ることができます。また、新しいモパックauxファイル形式(圧縮形式を含む)から軌道を読むことができます。結合の長さは、MDシミュレーション中に固定することができます。部分最適化は、MMポテンシャルとが可能になりました。ツールは、特定の分子の質量と同位体の存在量を予測するために実装されています。ツールは、分子求核、求電子と急進的な感受性を計算するために実装されています。
タグ: Minor feature enhancements
Minor bugs were fixed. The user can read the orbitals, geometry, and normal modes from a fchk Gaussian file. It can also read the orbitals from the new mopac aux file format (including the compressed format). The bond lengths can be fixed during an MD simulation. Partial optimization is now possible with the MM potential. A tool was implemented to predict the masses and abundances of the isotopes for a given molecule. A tool was implemented to compute the electrophilic, nucleophilic, and radical susceptibilities for a molecule.

2009-05-30 05:04
2.2.0

マイナーなバグが修正されている。すべての幾何学的な変更をすぐに元に戻すことができ、やり直し。債券の図面に表示される以上のユーザーが完全に制御する。ユーザーは、上反角の距離の値は、結合角度を設定することができます。配座探索(アンバー99)、または半経験的可能性を開くMopacまたはPCGamess()からmMのポテンシャルを使用して実装されて分子動力学。移行GDKフレームからカイロに図形描画機能のベクタグラフィックスのクロスデバイスのレンダリングを提供します。幾何と曲線のEPSは、ps、PDFファイル、またはSVGでエクスポートすることができますファイルのフォーマット。
タグ: major changes, Stable
Minor bugs have been fixed. All geometric changes can now be undone
and redone. The user has complete control over the bonds displayed in
a drawing. The user can set the value of the distance, bond angle,
and dihedral angle. A Molecular dynamics conformational search is
implemented using an MM potential (Amber 99) or a Semi-Empirical
potential (from Open Mopac or PCGamess). Migration from GDK drawing
functions to Cairo provides cross-device rendering for vector graphics.
Geometry and curves can be exported in EPS, PS, PDF, or SVG file
formats.

2008-07-20 08:47
2.1.8

マイナーなバグが修正されました。 Gabedit ECD社のスペクトルを描くことができます。現在では、OpenGLのウィンドウをエクスポートすることができますEPSは、psは、PDFファイル、またはSVGファイルです。ユーザーは、XYZのエディタ()で、債券、角の座標を変更することができますでZ(の行列エディタ)を直接エディタのリストからdiherdral。 Gabedit、いくつかの軌道に1つのクリックしてスライドを作成することができます。 Unix環境では、ユーザーはGAMESSのスクリプトを変更せず、GAMESSの実行することができます。利用できる場合はGabedit mopac出力ファイルからEPSの料金を読み込むことができます。
タグ: Minor bugfixes
Minor bugs were fixed. Gabedit can draw ECD spectrum. You can export the OpenGL window in an EPS, PS, PDF, or SVG file. The user can change the coordinates (in an XYZ editor), bond, angle, and diherdral (in a Z-matrix editor) directly from the list of the editor. Gabedit can create slides for several orbitals with one click. Under Unix, the user can run gamess without any changes to the scripts of gamess. Gabedit can load the EPS charges from a mopac output file if one is available.

プロジェクトリソース