ダウンロードリスト

プロジェクト概要

fracplanet の生成とランダム フラクタル惑星や海、山、万年雪と河川地形の表示のインタラクティブなアプリケーションです。これらは POV-Ray やミキサーは、モデルや他のアプリケーションにテクスチャとしてその後エクスポートできます。Qt と OpenGL を使用します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-10-06 19:29
0.4.0

このアプリケーションは、Qt4をし、significiantコードの手直しで移植された。アパートshinier Qt4を"見える"から、マルチサンプルのレンダリングを自動的に使用時にOpenGLでサポートされていない新しい機能です。
タグ: Major feature enhancements
This application was ported to Qt4, with a significiant code rework. Apart from the shinier Qt4 "look", and automatic use of multisampled rendering when supported by OpenGL, there are no new features.

2007-04-21 23:11
0.3.3

更新プログラムのDebian EtchとUbuntuの近未来風景のために作られた。いいえ、新しいプログラムの機能が追加されました。
タグ: Minor bugfixes
Updates were made for Debian Etch and Ubuntu Edgy.
No new program functionality was added.

2006-07-16 22:04
0.3.2

このリリースでは、メインの機能強化は、テクスチャマップの地形をエクスポートすると、または起伏の影もない。 DEM(数値標高モデル、または高さフィールド)と通常の地図には書かれている。惑星では、テクスチャを円筒状に投影緯度/経度を表示されます(これを直接使用可能なのPOV - Rayでspheremapなど)です。照明方向は現在、GUIから制御され、渦巻き模様のスパイラル天気予報システムでは、雲に追加することができます。
タグ: Minor feature enhancements
The main addition in this release is the ability to export the terrain as a texture map, with or without relief shading. A DEM (Digital Elevation Model, or height field) and normal map are also written. For planets, the textures are a cylindrically projected latitude/longitude map (this is directly usable as a spheremap in POV-Ray). The illumination direction is now controllable from the GUI, and swirly spiral weather systems can be added into the clouds.

2006-04-09 22:01
0.3.1

今もビルドいます。Debian SargeとUbuntuでのさわやかなのdebファイル(sourceforgeから入手できます)。が0.3.0の作業をアップグレードする:1つのマイナーのGUIの改善、および乱数ジェネレータを持つユーザーの理由はほとんどされている昇圧mt19937実装を使用するスイッチです。これらの建物は、コード自体は、注意してくださいについては、C + +ライブラリは、("のlibboost - Debian上でdevの"パッケージに必要です)を高める。
タグ: Code cleanup
Now also builds .debs for Debian Sarge and Ubuntu Breezy (available
from sourceforge). There is little reason for users with a working
0.3.0 to upgrade: one minor GUI improvement, and the random
number generator switches to use the boost mt19937
implementation. For those building the code themselves, please note
that the boost C++ library is now required ("libboost-dev" package
on Debian).

2006-03-21 02:08
0.3.0

このバージョンでは機能をBlenderにメッシュをエクスポートに追加すると、ビューアのウィンドウの背景色の上の雲の層を、コントロールを生成するオプションは、いくつかの組み込みのドキュメントです。
タグ: Minor feature enhancements
This version adds the ability to export meshes to Blender, the option of generating a layer of clouds, control over the viewer window's background colour, and some built-in documentation.

プロジェクトリソース