ダウンロードリスト

プロジェクト概要

FireHOLはシンプルながらも強力な、ステートフルなiptablesのファイアウォールの設定手段を提供します。任意の数の内部/外部/仮想インターフェイス制御、任意の組み合わせのルーティングトラフィック制御、非武装地帯ルータとサーバの設定、そしてすべての種類のNATを含む、ほぼあらゆる目的に使用することができます。より強力な保護(洪水、なりすましなど)、透過的なキャッシュ、送信元MACの検証、ブラックリスト、ホワイトリスト、その他多くの機能を提供します。このソフトウェアは、完全に抽象化され、強力でありながら、簡単に使用、監査、理解できることを目指しています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-07-31 13:24
R5 v1.273

このバージョンは、IANAの予約ページの最新のフォーマットを解析するように更新されました。サービス用のカスタムアクションのサポートが追加されました。これは、外部ファイアウォールを再起動せずに制御することができるアクションを許可するように道が開ける。いくつかのマイナーな問題は、すべてのサービスの向上のNATサポートを提供し、外部ページャのコマンドは、カーネルの設定解析、設定ウィザードの取扱い等を修正された
タグ: Minor bugfixes
This version was updated to parse the latest format of the IANA reservations page. Support for custom actions for services was added. This opens a way to allow actions that can be controlled externally without restarting the firewall. Several minor issues were fixed, providing better NAT support for all services, handling for external pager commands, kernel config parsing, a config wizard, etc.

2007-05-23 06:57
R5 v1.256

マイナーアップデートの最新情報をIANAの予約のために作られた。チェックiana.sh cronジョブのスクリプトでは、管理者がIANAの予約変更を通知するために提供されました。
タグ: Minor bugfixes
Minor updates were made for the latest IANA reservations. A check-iana.sh cron job script was provided to notify the administrator when IANA reservations change.

2007-05-21 12:29
R5 v1.255

このメンテナンスリリースは、主にカーネル2.6.20固定+やbash 3.2の問題と、すべてのIPアドレス空間の定義を外部定義のサポートを追加しました。すべてのユーザーは、このリリースにアップグレードしてください。
タグ: Minor feature enhancements
This maintenance release mainly fixed kernel 2.6.20+ and BASH 3.2 issues and added support for external definitions of all IP address space definitions. All users are advised to upgrade to this release.

2005-01-30 09:19
R5 v1.226

作成された一時ファイルのセキュリティと、このバージョンの修正プログラムを発行します。
タグ: Minor security fixes
This version fixes issues with the security of the created temporary files.

2005-01-25 07:04
R5 v1.224

このリリースでは、固定の脆弱性は、悪意のあるローカルシステムのユーザは、システム上で任意のファイルを上書きするのfireholの一時ファイルを使用することができます。すべてのユーザーがこのバージョンにアップデートしてください。このリリースでは、新しいサービスの定義:ANYSTATELESS、TIMESTAMP、そして辞書に含まれます。 TRANSPARENT_PROXYヘルパーが追加されました。アクションを受け入れるように、引数としてknockdのサポートが追加されました。
タグ: Major security fixes
This release fixed vulnerabilities where malicious local system users could use FireHOL's temporary files to overwrite arbitrary files on the system. All users are advised to update to this version. This release included new service definitions: ANYSTATELESS, TIMESTAMP, and DICT. A TRANSPARENT_PROXY helper was added. Support for knockd as an argument to the accept action was added.

プロジェクトリソース