ダウンロードリスト

プロジェクト概要

FirebirdはANSI SQL-99の多くの機能を提供しているリレーショナルデータベースで、LinuxやWindows、さまざまなUnixプラットフォーム上で動作します。

Firebirdは高い並列性や高パフォーマンス、ストアドプロシージャやトリガーのための強力な言語サポートを備えています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-10-04 20:40
2.5.2 RC1

数多くの問題が修正され、いくつかのマイナーな改良が行われました。
タグ: Major bugfixes, Release Candidate
Numerous issues were fixed and a few minor improvements were made.

2011-09-12 05:50
2.5.1 RC1

初期リリース以降に経過した月は、壊れて報告された曲げ、またはV.2.5で危険にさらされている物事に対処するために取り組んで数々のトラッカーの問題を見てきました。だけでなく、バ​​グ修正の長いリストのような、いくつかのマイナーな改良がなされている。
タグ: Release Candidate
The months that have passed since the initial release have seen numerous Tracker issues tackled to address things that have been reported broken, bent, or compromised in v.2.5. As well as a long list of bugfixes, a few minor improvements have been made.

2010-11-08 08:28
2.5.0 Final

Firebirdの2.5の主な目標は、低レベルの同期と一般的にスレッドの安全性を取り込み、ほぼ完全に共通Superサーバー、クラシック、および組み込みモデルにされ、新しいスレッドアーキテクチャの基礎を確立することだった。ユーザ管理とは、SQL CREATE /変更/ DROP USERをステートメントを介してアクセス可能なALTER VIEWを作成またはALTER VIEWのための構文が実装されています。 PSQLの改善は、自律型トランザクションの導入と能力をクエリEXECUTEステートメントを介して別のデータベースに含まれています。
タグ: Major bugfixes, Major feature enhancements, Stable
The primary goal for Firebird 2.5 was to establish the basics for a new threading architecture that is almost entirely common to the Superserver, Classic, and Embedded models, taking in lower level synchronization and thread safety generally. User management is accessible through SQL CREATE/ALTER/DROP USER statements, and syntaxes for ALTER VIEW and CREATE OR ALTER VIEW are implemented. PSQL improvements include the introduction of autonomous transactions and the ability to query another database via EXECUTE STATEMENT.

2010-03-25 00:18
2.5 RC 2

このリリースでは、コア、API、およびコマンドラインツールで、さまざまなバグ。管理者の役割と認証とセキュリティ問題が修正されました。
タグ: RC2, Development
This release fixes various bugs in the core, API, and command line tools. Security issues with admin role and authentication were corrected.

2009-12-16 02:39
2.5 RC 1

このリリースで修正ささまざまなバグ。サーバーは、特定のクライアントが添付ファイルにいくつかの条件の下で応答を停止することができます。そこに中には、リモートサーバーだけを受けたことにより、クライアントアプリケーションをブロックするように見えるのは、受信操作の要求を無視すると少しの時間ウィンドウになります。リスナースレッドが、運用のままとクライアントの同期が来ないと応答パケットを待っているだろう。
タグ: RC1 Development
This release fixes various bugs. The server could stop responding to a particular client attachment under some conditions. There would be a small time window during which the remote server would ignore the incoming operation request it had just received and, thereby, seem to block the client application. The listener thread would remain operational, but the client would be synchronously waiting for the reply packet that would not come.

プロジェクトリソース