ダウンロードリスト

プロジェクト概要

fio is an I/O tool meant to be used both for benchmark and stress/hardware verification. It has support for 19 different types of I/O engines (sync, mmap, libaio, posixaio, SG v3, splice, null, network, syslet, guasi, solarisaio, and more), I/O priorities (for newer Linux kernels), rate I/O, forked or threaded jobs, and much more. It can work on block devices as well as files. fio accepts job descriptions in a simple-to-understand text format. Several example job files are included. fio displays all sorts of I/O performance information, including complete IO latencies and percentiles. Fio is in wide use in many places, for both benchmarking, QA, and verification purposes. It supports Linux, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, OS X, OpenSolaris, AIX, HP-UX, Android, and Windows.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-10 15:47 リリース一覧に戻る
2.0.13

いくつかのビルドの問題はどこ CC との問題をオーバーライドまたは CPU クロックのサポートが不足してコンパイルを破るだろういくつかの選択プラットフォームで修正されました。サイズの設定 = zipf/パレート ワークロードを修正しました。CPU クロックの数学フローティングをスピード アップ、改善し、オーバーヘッドを削減さらに。潜在的な null ポインター逆参照 IO の検証とキューのイベントを修正しました。
A few build issues were fixed on a few select platforms, where issues with CC override or missing CPU clock support would break compilation. Setting of size= for zipf/pareto workloads was fixed. Floating math for CPU clock was sped up and improved, further reducing overhead. A potential null pointer dereference on IO verification and requeue events was fixed.

プロジェクトリソース