ダウンロードリスト

プロジェクト概要

fio is an I/O tool meant to be used both for benchmark and stress/hardware verification. It has support for 19 different types of I/O engines (sync, mmap, libaio, posixaio, SG v3, splice, null, network, syslet, guasi, solarisaio, and more), I/O priorities (for newer Linux kernels), rate I/O, forked or threaded jobs, and much more. It can work on block devices as well as files. fio accepts job descriptions in a simple-to-understand text format. Several example job files are included. fio displays all sorts of I/O performance information, including complete IO latencies and percentiles. Fio is in wide use in many places, for both benchmarking, QA, and verification purposes. It supports Linux, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, OS X, OpenSolaris, AIX, HP-UX, Android, and Windows.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-02-08 00:45 リリース一覧に戻る
2.0.3

フロント エンドとバックエンドを分割、大幅な見直しが実施されました。サーバーとクライアントとして今 Fio を実行することができます、複数のマシンでジョブを制御する 1 つのクライアントからは。安価でシンプルなデータ スクランブル今デフォルトで SSD 圧縮/重複の敗北に使用されます。完了待機時間のパーセン タイルのサポートが追加されました。簡潔な出力形式は、バージョン 3、ディスクの使用率、IOPS、および待機時間の刻みを追加しました。パターンが確認されたを早めた。様々 な修正は FreeBSD、Windows、HP-UX の Mac OS X、および AIX の含まれていた。
A major overhaul was undertaken, splitting the front and back ends. Fio can now be run as a server and a client, and it is possible to control jobs on multiple machines from a single client. Cheap and simple data scrambling is now used by default to defeat SSD compression/de-duplication. Completion latency percentile support was added. The terse output format was revised to version 3, adding disk utilization, IOPS, and latency percentiles. Pattern verifies were sped up. Various fixes were included for FreeBSD, Windows, HP-UX, Mac OS X, and AIX.

プロジェクトリソース