ダウンロードリスト

プロジェクト概要

fio is an I/O tool meant to be used both for benchmark and stress/hardware verification. It has support for 19 different types of I/O engines (sync, mmap, libaio, posixaio, SG v3, splice, null, network, syslet, guasi, solarisaio, and more), I/O priorities (for newer Linux kernels), rate I/O, forked or threaded jobs, and much more. It can work on block devices as well as files. fio accepts job descriptions in a simple-to-understand text format. Several example job files are included. fio displays all sorts of I/O performance information, including complete IO latencies and percentiles. Fio is in wide use in many places, for both benchmarking, QA, and verification purposes. It supports Linux, FreeBSD, NetBSD, OpenBSD, OS X, OpenSolaris, AIX, HP-UX, Android, and Windows.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-09-16 23:24 リリース一覧に戻る
1.58

このリリースでは、RDMA IOエンジンを追加libaioのIOエンジンと完成イベントの刈り取り直接ユーザースペースのサポートが追加され、パラメータを与えられた場合はブール値のオプションでも動作することが確実に、"穴"IOパターンのサポートが追加されて、待ち時間の報告バグを修正、修正遅延ジョブのディスク使用率のバグが、、fio_generate_plotsに解決のサポートを追加する標準偏差の合計の計算を修正、補完の遅延時間パーセンタイルのサポートを追加し、他のマイナーなバグの多くが修正されています。
This release adds an RDMA IO engine, adds support for direct userspace reaping of completed events with libaio IO engine, ensures that bool options also work if given a parameter, adds support for "holed" IO patterns, fixes a latency reporting bug, fixes a disk utilization bug for delayed jobs, adds resolution support to fio_generate_plots, fixes summed computation of standard deviation, adds completion latency percentile support, and fixes lots of other minor bugs.

プロジェクトリソース