ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

ffe はフラット ファイル抽出です。フラット ファイル構造が異なるを読んで、さまざまな形式で表示するために使用できます。ffe 固定長を読むことができます、区切られたテキスト ファイルや固定長バイナリ ファイル。それは GNU/[/projects/freshmeat_linux/ Linux] の下で開発されたコマンド ライン ツールです。使用の主な領域からファイルを抽出の特定のフィールドやレコード、フラット ファイル、フラット ファイルの開発のためのテストツールとしてフラット ファイル構造を検証し、人間が読める形式のフラット ファイルのコンテンツを表示する固定長に CSV などから、他に 1 つの形式からデータを変換します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-04-10 20:06
0.3.2

入力前処理が実装されています。
タグ: Minor feature enhancements
Input preprocessing was implemented.

2010-09-29 23:01
0.3.1

レコードキーワード"レベル"は、印刷のキーワード"グループヘッダ"、"グループトレーラー"、"要素のヘッダー"、および"要素トレーラー実装されています。これらは、構造化された形式でフラットファイルの内容を印刷するために使用することができます(マルチレベルのXMLなど)。レコードキーワード"レコード長"が実装されています。これは、レコードの定義されていない追加のフィールドを無視するために使用することができます。
タグ: Minor feature enhancements
The record keyword "level" and the printing keywords "group-header", "group-trailer", "element-header", and "element-trailer have been implemented. These can be used to print flat file contents in a structured format (e.g. multilevel XML). The record keyword "record-length" has been implemented. This can be used to ignore extra fields that are not defined for a record.

2010-03-25 23:28
0.3.0

いくつかの式の中で同じフィールドにした時に(は、- e、 - 式オプション)現在の作品を使用する。以前では、コマンドラインのみでの最後の式が使用されました。は、- X、 - casecmpオプションが実装されました。
タグ: minor enhacement, minor bug fix
Having the same field in several expressions (using the -e,--expression option) works now. Earlier, only the last expression in the command line was used. The -X,--casecmp option was implemented.

2009-11-03 00:15
0.2.9

新しいキーワードは"出力"別の出力ファイルに印刷するために実装されたファイル。
The new keyword "output-file" was implemented for printing to different output files.

2008-09-11 18:20
0.2.8

レコードは正規表現は、新しいキーワードは"処分を使用して使用して識別することができます"。 -l/--looseオプションが無効なブロックが、バイナリ入力から発見さを中止するようにプログラムが発生していません。中止の代わりに、次の有効なブロックされている入力ストリームから検索されます。
タグ: Minor feature enhancements
Records can now be identified using regular
expressions using the new keyword "rid". The
-l/--loose option does not cause the program to
abort when an invalid block is found from binary
input. Instead of aborting, the next valid block
is searched from the input stream.

プロジェクトリソース