ダウンロードリスト

プロジェクト概要

電気羊スクリーン セーバーはコンピューターからインターネット上のすべての睡眠の集団の夢を実現します。アイドル状態のコンピューターのアニメーション化と人工生物の進化の目的のためのレンダリング ファームにハーネスします。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-07-03 17:09
2.7b6

より表現力の視覚的な言語、ピクセル、800x600x160 MPEG4のは、ノイズを除去するための動的フィルタの2倍の数、および方法で新しいサーバーをより多くの容量。
タグ: Major feature enhancements
A more expressive visual language, double the number of pixels, 800x600x160 MPEG4, a dynamic filter to remove noise, and a new server with way more capacity.

2006-07-26 06:39
2.6.8

新しいlibpngのAPI、および使用されるlibpngのエラーが正しく処理されます。ウィンドウに名前を持ちます。ドキュメントが更新されました。 AC_OUTPUTを使用する更新されました。キャッシュの読み取り専用の部品を処理されます。部分的にビットトレントでダウンロードしたファイルを再生されません。は、 - show - errorsオプションが追加されました。
タグ: Minor feature enhancements
The new libpng api is used, and libpng errors are
handled properly. The window now has a name. The
documentation was updated. The use of AC_OUTPUT
was updated. Readonly parts of the cache are
handled. Files partially downloaded by bittorrent
are not played. The --show-errors option was
added.

2005-12-14 11:56
2.6.4

保護バッファオーバーフローに対して実施された。 tifですが使用してxsetbg削除されました。
タグ: Minor bugfixes
Protection against buffer overflows was
implemented. The use of tif and xsetbg was
removed.

2005-07-25 08:19
2.6.3

バグは、すべての羊のネットワークエラーのため、バグと一緒に修正されて、必ずしもnullではないがflam3に特殊な環境の引数をアニメーション化された終端を削除することができます。このプログラムは現在は、xscreensaverプレビューウィンドウに収まるようにダウンズームインします。良いログは、最新のflam3ライブラリへの更新と一緒に実装されました。 GCCの4の互換性を達成されたとautotoolsとのmanページを更新しました。 electricsheep.specとelectricsheep.xmlすぐに自動的に現在のバージョン番号が生成されます。
タグ: Major bugfixes
A bug where all sheep could be deleted because of network errors was fixed along with a bug where special environment arguments to flam3-animate were not necessarily null-terminated. The program now zooms down to fit in the xscreensaver preview window. Better logging was implemented along with an update to the latest flam3 library. GCC 4 compatibility was achieved and autotools and the man page were updated. electricsheep.spec and electricsheep.xml are now automatically generated with the current version number.

2005-06-21 23:37
2.6.2

RPMは、固定されている。ユニークなIDは、クライアントで生成され、.sheepで保存する代わりに/インストール時にのでRC / usr /共有/ localです。 init_delay_listも、サーバーへのよりよいことに追加されています。 flam3ライブラリ()がクラッシュしたり、悪い結果を生成可能性があります更新されています。このリリースでは、サーバー上の負荷を軽減してスムーズに開始されます。
タグ: Minor bugfixes
The RPM has been fixed. A unique id is generated in the client and saved in in .sheep/rc instead of at install time in /usr/share/local. init_delay_list has been added to be even nicer to servers. The flam3 library has been updated (may have produced a crash or bad result). This release reduces the load on the server and starts up smoother.

プロジェクトリソース