ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

EGroupwareはWebベースのグループウェアスイートです。これは、 ・カレンダー(個人用カレンダー、グループスケジューリング、通知、およびアラーム) ・メール(IMAPのみ) ・情報ログ(TODO、メモ、連絡先/CRMとリンクされた電話呼び出し)、 ・連絡先(連絡先情報を保存共有するためのアドレス帳) ・プロジェクト管理 ・トラッカー(バグやインシデント追跡) ・タイムシート ・SyncML ・CalDAV&CardDAVのサポート ・SiteMgrコンテンツ管理 を含むたくさんのモジュールで構成されます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-12-02 12:17
1.8

定期的なイベント、イベントの参加者の状態、左側のボックスでフォルダツリーは、iCalとvCard、印刷レイアウト表示とコピーInfoLogsの、アドレス帳からマージプリントをインポートする機能と電子メール3ペイン表示の可視化を含む完全なタイムゾーンのサポートMicrosoftとOpenOfficeのXMLフォーマットのサポート、およびJoomlaのためのサポート! 1.5はSiteMgrチュートリアルを含む、新しい既定のWebサイト、および、SiteMgrのテンプレート。多くの便利な拡張機能や適応だけでなく、すべてのモジュールにバグがあった。 EPLのからのpostinstallスクリプトが含まれていた。
Full timezone support including recurring events, visualisation of participant status of events, an email three pane view with a folder tree in the side box, the ability to import from iCal and vCard, a print view and copying of InfoLogs, address book merge-print support for Microsoft and OpenOffice XML formats, and support for Joomla! 1.5 templates in SiteMgr, and a new default Web site, including a SiteMgr tutorial. There were many useful extensions and adaptations as well as bugfixes in all modules. A postinstall script from EPL was included.

2010-03-09 17:40
1.6.003

新しいリリースで修正さ2つの深刻なセキュリティ上の問題や、多くのバグとSyncML 1.2を実装します。 1つのセキュリティ問題は、任意のコマンドをWebサーバー上で、単純にHTTPリクエストを発行して実行することが可能なリモートコマンドを実行穴がある。他の反射、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性です。の両方が有効なのegroupwareアカウントを必要としない古いブランチインチ記録されることなく仕事もSVNで固定されている。これは、すべてのユーザーが、できるだけ早くアップデートを推奨します。
タグ: Major security fixes
The new release fixes two serious security problems and many bugs and implements SyncML 1.2. One security problem is a serious remote command execution hole that allows arbitrary commands to be run on the Web server by simply issuing a HTTP request. The other is a reflected cross-site scripting (XSS) flaw. Both do not require a valid EGroupware account and work without being logged in. The older branches have also been fixed in SVN. It is recommended that all users update as soon as possible.

2009-07-21 09:59
1.6.002

このリリースで修正さFCKeditorヘルプの3つのセキュリティ問題(リモートファイルをアップロード)、トラッカー(XSSの問題)は、ナレッジベース(SQLインジェクション)。誰も、できるだけ早く更新する必要があります。 HTMLの清浄FCKeditorヘルプコンテンツのための予防措置として追加されています。多くのバグフィックスが1.6.001以降。あるiPhoneのOS 3 CalDAVをサポートされ、テストレポートを参照してください。
This release fixes 3 security problems in FCKeditor (remote file upload), Tracker (an XSS problem), and Knowledgebase (an SQL injection). Everyone should update as soon as possible. HTML Purifier has been added as a preventive measure for FCKeditor content. There are many bugfixes since 1.6.001. There is CalDAV support for iPhone OS 3; see the test report.

2008-11-25 06:20
1.6

完全なファイルマネージャDMSのstreamwrapperとWebDAVを用いて書き換える。ディレクトリとファイルは、大きなファイルのアップロードができます上のACLを制御します。複数のメールアカウントと、多くのバグ修正。トラッカーのチケット、自動メールの変換のためのエスカレーション行列しています。カレンダーの定期的なイベントのための機能を改善しています。アドレス帳、および配布リストの連絡先を表示するとリストに示すように任命を表示する、カスタムフィールドがあります。プロジェクトマネージャは、テンプレート機能を改善しています。 1.6の新しいデフォルトのテーマ。 SyncMLのための大量のバグ修正。多くの便利な拡張機能とバグ修正がすべてのモジュールです。
A complete rewrite of file manager DMS by means of streamwrapper and WebDAV. ACL control on directories and files, which allows uploads of big files. Multiple mail accounts and many bugfixes. Tracker has an escalation matrix for tickets and automatic mail conversion. Calendar has improved functions for recurring events. Addressbook has appointment-view, custom fields, and distribution lists shown in contact view and list. The project manager has improved template functionality. A new default theme for 1.6. Massive bugfixes for SyncML. Many useful extensions and bugfixes in all modules.

2008-04-15 22:13
1.4.004

誰も、できるだけ早く更新する必要があります。このアップデートは、すべての以前の1.4のアップデートが含まれていないスキーマを更新する必要があります(ある場合は、1.4リリース以内)アップグレードします。もしあなたのドキュメントルート内のWebサーバーによって、ほとんどのWindowsサーバ(のディレクトリを書き込み可能にして修正されたセキュリティ問題の深刻さは、完全docrootがデフォルトで書き込み可能ですが、多くのLinuxサーバにもそのようにセットアップされます)。としてFCKは、多くの静的なJavaScriptとCSSファイルに含まれていますのでご注意ください:あなたとあなたのユーザーは、アップデート後にブラウザのキャッシュを削除する必要があります。
タグ: Major security fixes
Everyone should update as soon as possible. The update includes all previous 1.4 updates, and requires no schema update (if you upgrade within the 1.4 release). The fixed security problems are grave if you have directories writable by the Web server in your document root (in most Windows servers, the complete docroot is writable by default, but many Linux servers are also set up that way). Please note: as FCK contains many static Javascript and CSS files, you and your users might have to delete the browser cache after the update.

プロジェクトリソース