ダウンロードリスト

プロジェクト概要

ext2fsprogs パッケージは e2fsck、mke2fs、debugfs、dumpe2fs、tune2fs とその他コア ext2 ファイルシステム ユーティリティで構成され、必須の ext2 ファイルシステム ユーティリティを含みます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-03-25 20:17
1.41.11

多くのバグをされて(主にまたはマイナー/とあいまい)、回避策のディストリビューションの起動スクリプトは、EOFBLOCKS_FLフラグ(2.6.34 +カーネル)のサポートの問題のために追加されているが追加されており、修正して、メッセージを印刷してマニュアルを改訂されている。
Many bugs have been fixed (mostly minor or/and obscure), workarounds have been added for issues with distribution startup scripts, support for the EOFBLOCKS_FL flag (2.6.34+ kernels) has been added, and messages printed and the documentation have been revised.

2009-09-02 18:34
1.41.9

多くの主要な修正1.40以降に行われた。
タグ: Major
Many major fixes were made since 1.40.

2007-07-01 23:45
1.40

多数のバグ修正と機能拡張。すべてのユーザーが、できるだけ早くアップグレードを呼びかけている。
タグ: Major bugfixes
Numerous bugfixes and enhancements. All users are urged to upgrade as soon as possible.

2005-10-17 19:26
1.38

このリリースで修正さblkidのテストプログラムを、ia64以外、コアダンプがcom_errライブラリ、メッセージ、mke2fsおよび、badblocksは、およびfilefragプログラムの移植性の問題。 mke2fsはすぐに4Gバイト以上のファイルシステムのデフォルトでは、大きなジャーナルを使用します。限り、強制的にmke2fsを** 31-1ブロックのファイルシステムが2より大きいを作成することを拒否します。 blkidは、プログラムは、新しいオプションがあります
タグ: Minor feature enhancements
This release fixes blkid's test programs, an ia64 core dump, the
com_err library, messages, Mke2fs and badblocks, and a portability
problem in the filefrag program. Mke2fs will now use a larger journal
by default for filesystems greater than 4GB. Mke2fs will refuse to
create filesystems greater than 2**31-1 blocks, unless forced. The blkid
program has a new option,

2004-03-01 21:51
1.35

e2fsckは、新しい- kオプションを指定しています。多くのバグが、いくつかの潜在的なクラッシュしては珍しい状況にあるファイルへの無効なフィックスを含む(が失わ+固定されたときに、ディレクトリの再接続、およびaltスーパーとジャーナルのリプレイ)が見つかりました。ようこそジャーナルinodeの場所とスーパーブロックのバックアップ、不良ブロックを複数の修正プログラム、および間接的なブロック破損を処理している。このリリースでは、再びFreeBSD上で動作し、ダーウィンが修正されています。
タグ: Minor bugfixes
e2fsck has a new -k option. Many bugs were fixed, including several potential crashes and some invalid fixes to files in uncommon situations (no lost+found when reconnecting a directory, and journal replay with alt superblock). There are several fixes to journal inode location and superblock backups, bad-blocks, and indirect block corruption handling. This release works again on FreeBSD and has fixes for Darwin.

プロジェクトリソース