ダウンロードリスト

プロジェクト概要

DRC はデジタル空間補正 FIR フィルタを生成します。ハイファイシステムの中で BruteFIR のようなリアルタイムコンボリューションエンジンとの組み合わせで使用されることを想定しています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-10-05 07:22
3.2.1

マイナーな精度の改善と変更既定構成テンプレートが導入されています。構成ファイルの処理は、parsecfg ライブラリではなくミニニ ライブラリを使用して実行されます。軸 Morlet サイクル/オクターブ スカログラムのラベリングでマイナーなバグが修正されました。プロットの生成スクリプトは読みやすくより良い軸のラベル付け、およびオクターブの最新バージョンとの互換性のため作り直されています。
Minor accuracy improvements and minor changes to the default configuration templates have been introduced. Configuration file handling is performed using the minIni library instead of the parsecfg library. A minor bug in the axis labeling of the Morlet cycle/octave scalograms has been corrected. The plot generation scripts have been reworked for better readability, better axis labeling, and compatibility with the latest version of Octave.

2011-12-13 07:32
3.2.0

新しい計算の RMS 値とマグニチュードの応答の対数周波数重み付けに基づくが導入されています。この新しいメソッドは、フィルター大きさ応答ピーク制限のより優れた処理をできます。帯域制限の RMS 値の推定のバグも修正されています。いくつかの他の手順は正確さの向上を提供するために洗練されています。Glsweep と lsconv のツール参照を適切なレベルを提供するために再加工されている、計測較正のための SPL をできるようにします。
A new computation of the RMS value based on a logarithmic frequency weighting of the magnitude response has been introduced. This new method allows for better handling of the filter magnitude response peak limiting. A bug in the estimation of the band limited RMS value has been also corrected. Some other procedures have been refined in order to provide improved accuracy. The glsweep and lsconv tools have been reworked to provide correct reference levels, thus allowing for SPL calibrated measurements.

2011-08-17 06:39
3.1.1

いくつかのファイルのライセンスが修正されました。マイナーな修正と精度の改善があります。
タグ: Minor feature enhancements, Minor bugfixes
The licensing of some files has been corrected. There are minor corrections and accuracy improvements.

2010-01-05 23:46
3.1.0

OctaveのスクリプトにOctaveの最新バージョンとの互換性を確保するよう再加工されている。また、いくつかの自動スケーリング機能を提供すると改善された別の画像形式にエクスポートします。マイクの補正段階補正のプロシージャの最初にこうすることで、次のステージを参考に補償されたインパルス応答を使用して作品を移動されています。補正フィルタの最小位相のバージョンに設定可能な遅延を追加するための新しいパラメータが導入されています。他の多くのマイナーバグが修正されている。
タグ: Minor Bug fixes and enhancements
The Octave scripts have been reworked to make them compatible with the latest version of Octave. They were also improved to provide some autoscaling features and to export to different image formats. The microphone compensation stage has been moved to the beginning of the correction procedure so that any following stage works using the compensated impulse response as a reference. A new parameter for adding a configurable delay to the minimum phase version of the correction filter has been introduced. Many other minor bugs have been fixed.

2008-12-04 00:01
3.0.1

OctaveのスクリプトにOctaveのバージョン3と互換性のように改良されている。新しいくりこみプロシージャ、クリッピングレベルの合理的なextimationを提供する追加されている多くのマイナーバグが修正されている。
タグ: Minor bugfixes
The Octave scripts have been reworked to make them
compatible with version 3 of Octave. A new
renormalization procedure, providing a reasonable
extimation of clipping levels, has been added.
Many minor bugs have been fixed.

プロジェクトリソース