ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Linuxクラスタ管理コンソール(LCMC)は、Corosync/Heartbeat、Pacemaker及びDRBDベースのクラスタ・システムを管理する負担を軽減するためのアプリケーションです。あらゆる種類のエージェントやクラスタ・ノード上でのクライアント・コードが不要で、その代わりにSSHを使用します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-23 10:21
1.4.5

シミュレーションは、複数のユーザーで動作するように修正されています。実行中の複数のインスタンスのハードウェア情報はデーモン固定されてとディスク キャッシュ VM 属性が追加されています。
Simulation has been fixed to work with multiple users.

Running of multiple instances of the hardware info daemon has been
fixed, and disk cache VM attributes have been added.

2012-11-19 06:10
1.4.2

VNC ビューアーを閉じる切断時に修正しました。追加のペース メーカー ステータス ボタンが実装されました。Vbox、openvz は、UML サポートを追加しました。VNC のパスワード更新を修正しました。リソース スクリプトの成り上がり、systemd サポートが追加されました。
VNC viewer was fixed to close on disconnect. Additional pacemaker status buttons were implemented. Vbox, openvz, and UML support were added. VNC password updating was fixed. Upstart and systemd support for resource scripts was added.

2012-10-09 06:27
1.4

コピー/貼り付けのサービス構成が実装されています。それは互換性のあるペース メーカー 1.1.8 行われています。パフォーマンスが改善されて、および VM GUI で既定値が変更されています。
Copying/pasting of service configurations has been implemented.

It has been made compatible with Pacemaker 1.1.8.

Performance has been improved, and default values in the VM GUI have been changed.

2012-08-09 21:56
1.3.23

VM ウィザードを修正しました。LCMC は、今とも呼ばれて 2.0 で動作します。Oracle の Linux サポートが追加されました。起動時のパフォーマンスが改善されました。
The VM wizard was fixed. LCMC now works with Corosync 2.0. Support for Oracle Linux was added. Performance during start-up was improved.

2012-06-12 06:01
1.3.16

LXC と Xen の構成が改善されました。stonith_admin stonith_metadata の利用可能な場合に使用されます。起動および停止 Systemd は必要に応じて使用されます。
The configuration of LXC and Xen was improved. stonith_admin for stonith_metadata is used if available. Systemd for starting and stopping is used if necessary.

プロジェクトリソース