ダウンロードリスト

プロジェクト概要

放送 SDK は、Java ベースのコンポーネントの開発、リソース管理、および展開の管理プラットフォームです。それはトランジット リソース管理層、デポ複数プロジェクトのビルド システム、地下鉄コンポーネント管理ランタイム エンジンと駅アプリケーション管理コンソールから成る。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-04-30 18:09
2.1.0

サポートして複合コンポーネントを作成するURLの解決の部品を使用して強化された(ここで、一部のビルディングブロックのクラスローダのチェーンは、コンポーネントの定義、および展開シナリオ)です。
タグ: Minor feature enhancements
Support was enhanced for the creation of composite
components using URL resolvable parts (where a
part is a building block defining a classloader
chain, component, and deployment scenario).

2007-04-25 14:22
2.0.2

新機能と拡張機能のバージョン2.0.1以降は、コンポーネントの内部構造にネストされた部品への参照を介して成分組成のサポートに加え、建設のメカニズムの一部としてURIを使用するなどしました。このバージョンは、多数のコードやドキュメントの品質向上および更新プログラムが含まれてCheckstyleは、タスクCheckstyleは4.1から4.3からの移行が関与する。
タグ: Minor feature enhancements, DPML-SDK-2
New features and enhancements added since version
2.0.1 include the addition of support for
component composition via reference to nested
parts within the internal structure of a component
using part URIs as the construction mechanisms.
This version also includes numerous code and
documentation quality enhancements and updates to
the checkstyle task involving migration from
Checkstyle 4.1 to 4.3.

2007-04-20 21:13
2.0.1

新機能および/または機能の拡張バージョン2.0.0分布2.0.1相対的な下で配信さ一般的な例外処理やエラー報告を改善しています。
タグ: Minor feature enhancements, DPML-SDK-2
New features and/or enhancements delivered under version 2.0.1 relative to the 2.0.0 distribution include improvements to general exception handling and error reporting.

2007-04-14 00:46
1.1.0

このリリースでは、専用の分岐に(トラックのコンテンツは2.Xの開発を含む)のトランクのコンテンツに移動します。
タグ: DPML SDK 1.1.0
This release moves trunk content to a dedicated
branch (truck content
now includes 2.X development).

2007-04-14 00:46
2.0.0

このリリースでは地図データ、改善されたXSDの名前空間の管理、改善された一部のインターフェイスのセマンティクスを改善、プライベートクラスの分離、駅の配置のメタデータは、Java、util.ServiceLoaderは、乗り継ぎのリソース管理層は、JSRのJMXの管理のための積分をサポートするための改善のためのコンテキストモデルのサポートを追加277の準備は、地下鉄のコンポーネントモデルは、専用のコンテンツタイプのハンドラは、URIのフラグメントの引数を処理する、ネストされたコンテキストのインターフェイス定義のサポート、およびプラグ可能コンテンツタイプのハンドラのサポートをサポートするために移動しました。
タグ: Major feature enhancements, DPML-SDK-2
This release adds context model support for map
datatypes, improved
XSD namespace management, improved part interface
semantics, improved
private class isolation, improvements to Station
deployment metadata,
integral support for java,util.ServiceLoader, JMX
management of the
Transit resource management layer, JSR 277
readiness, a metro component
model moved to a dedicated content type handler,
support for URI
fragment argument handling, support for nested
context interface
definitions, and support for plugable content type
handlers.

プロジェクトリソース