ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Heiloom Development Toolsは yacc、lex、m4、make、SCCSを提供します。それらは Sunが OpenSolarisの一部としてリリースしたユーティリティから派生したものであり移植可能です。OpenSolaris ユーティリティは、過去にオリジナルの Unixバージョンから派生したものであり、POSIX標準の実装に準拠していると想定されます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-05-28 00:15
070527

ソースコードは、最近のLinuxディストリビューションでビルドされます。 SCCSの"管理者にとって不足しているマニュアルページの"ユーティリティが追加されています。
タグ: Minor bugfixes
The source code now builds on more recent Linux distributions. The missing manual page for the SCCS "admin" utility has been added.

2007-03-12 01:27
070311

SVR4.2のサポートスタイルの並列""するために追加されているビルドはこれを"- B"および"- P"のオプションとしては、"。MUTEXは"特別なターゲットが含まれます。 "- w"オプションは警告を抑制するために"すること"が追加されています。 ""今"help"コマンドを使用するための問題のメッセージ番号を確認します。 ""今のコメント、次のを受け入れること"ifeq"やその他の条件。 "情報"、""伝えるための"SCCSの"とディレクトリの再帰的な評価は、"クリーン"サブは、以前は、いくつかのファイルが省略されたコマンドは、固定されている。
タグ: Minor feature enhancements
Support for SVR4.2-style parallel builds has been added to "make"; this includes the "-B" and "-P" options as well as the ".MUTEX" special target. The "-w" option to suppress warnings has been added to "make". "make" now issues message numbers for use with the "help" command. "make" now accepts comments following "ifeq" and other conditionals. Recursive evaluation of directories with "sccs" for the "info", "tell", and "clean" sub-commands previously omitted some files and has been fixed.

2007-02-19 01:56
070218

"- R"のオプションは、"SCCSに"コマンドは、ディレクトリ階層を再帰的な操作をサポートするために追加されています。マニュアルページの"SCCSの"コマンドが追加されています。 ""今("ターゲット:変数名=値")、条件付きのマクロは、GNUの構文をサポートし、解析時の条件("ifeq(引数1、引数2)")、および関数("$(関数の引数)")。テキスト関数は、シェル関数、および警告/エラーメッセージ機能を提供されて名前の関数ファイルです。 ""今は、現在のディレクトリ内のSCCS s.filesからデータを取得することができますを確認します。
タグ: Major feature enhancements
An "-R" option has been added to the "sccs" command to support recursive operation on directory hierarchies. A manual page has been added for the "sccs" command. "make" now supports the GNU syntax for conditional macros ("target: variable=value"), parse-time conditionals ("ifeq (arg1, arg2)"), and functions ("$(function arguments)"). Text functions, file name functions, the shell function, and warning/error message functions are supplied. "make" can now retrieve data from SCCS s.files in the current directory.

2007-02-11 14:32
070211

SCCSコマンドのほとんどのマニュアルページが追加されている。の新しいマニュアルページ""利用可能です。 ""今、POSIXと伝統的なモードのため、別のシェルを使用することを確認します。としてSCCSファイルの以前のバージョンは"%g%"と"%高%"のキーワードを""今、月と日の数字のゼロを省略すると、取得します。HPに移植されているツール- UXおよびAIX。
タグ: Major feature enhancements
Manual pages for most of the SCCS commands have
been added. A new manual page for "make" is
available. "make" can now use different shells for
POSIX and traditional mode. The "%G%" and "%H%"
keywords for "get" now omit leading zeros in month
and day numbers, as previous versions of SCCS did.
The tools have been ported to HP-UX and AIX.

2007-01-19 01:22
070119

""ユーティリティが追加され、OpenSolarisのソースコードから派生します。に"- Jジョブ"オプション(非常に)はGNUそれが有効にされている互換モードに制限されます。 SCCSファイルの差分は現在、""、"- p"を、そして"B"のオプションには"diffを受け入れる"コマンド。 Mac OS XとFreeBSD上でのSCCSファイルの移植性の修正が含まれています。 SCCSの""ユーティリティは、もはやコアダンプするときに破損して渡され、取得掲載-ファイルです。 SCCSのユーティリティが一時ファイルを開くには、O_EXCLフラグを使用します。
タグ: Major feature enhancements
The "make" utility has been added, derived from OpenSolaris source code. The "-j jobs" option and the (very limited) GNU make compatibility mode have been enabled in it. The SCCS diff commands now accept the "-a", "-p", and "-B" options to "diff". Portability fixes for SCCS on Mac OS X and FreeBSD are included. The SCCS "get" utility no longer dumps core when it is passed a corrupted s-file. The SCCS utilities now use the O_EXCL flag to open temporary files.

プロジェクトリソース