ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

DBAHelper は、Oracle データベース管理者の毎日のメンテナンス作業を容易にするスクリプトのコレクションです。例, スキマタを分析し、無効なインデックスの再構築のテーブル スペース間でオブジェクトを移動します。含まれていますは、小さなフレームワーク RMAN (このフレームワークに依存 10 g は Oracle の使用有効で適切なサイズ、リカバリ領域とすべてのバックアップがそこに行くので) の使用を簡素化します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-07-12 02:34
0.2.7

ようこそ、Recovery Managerのフレームワークのcreate_standbyとrestore_fullコマンドには多くのほとんどの機能拡張されます。いくつかの小さな修正restore_fullとrestore_ctlコマンドに適用されている。
タグ: Minor feature enhancements
There are many little enhancements to the RMAN framework's create_standby and restore_full commands. Several small fixes have been applied to the restore_full and restore_ctl commands.

2008-02-25 13:58
0.2.6

"restore_ctl"コマンドは、失われた制御ファイルを復元するrman.shに追加されました。いくつかのマイナーな修正が行われた。メニューを分割された。 "rmanw"スクリプトを追加しました。 ExportOracleDBでは、bzip2圧縮は、もはや-ドライランパラメータingores。
タグ: Minor feature enhancements
The "restore_ctl" command was added to rman.sh to
restore a lost controlfile. Some minor fixes were
made. The menu was split up. The "rmanw" script
was added. In ExportOracleDB, bzip2 compression no
longer ingores the --dryrun parameter.

2008-02-18 02:17
0.2.5

Recovery Managerは、フレームワーク)は、完全な対話モード(メニューなどがあります。 create_standby今も)は完全に必要なすべての手順を実行プロセスSPFileのや更新は、プライマリインスタンス(すなわち、処理されます。 "プライマリおよびスタンバイデータベースの間で切り替えを行うには、新しいコマンド"スイッチです。
タグ: Minor feature enhancements
The RMAN Framework has a complete interactive mode (including menus). create_standby now also handles SPFile and updates the primary instance (i.e. completely processes all required steps). There is a new command "switchover" to do a switchover between the primary and standby database.

2008-02-10 22:59
0.2.4

もし'ダイアログ'をインストールしてRecovery Managerのフレームワークはほぼ完全に、より使いやすいGUIを含む再加工された。 create_standby今も需要のinit.oraのファイルを更新tnsnames.oraファイルの作成を処理します。より多くのエラーをチェックするといくつかの小さな修正されます。
タグ: Major feature enhancements
The RMAN Framework was almost completely reworked, including a more friendly GUI if you have 'dialog' installed. create_standby now also handles creation of init.ora files and updates tnsnames.ora on demand. There is more error checking and some small fixes.

2008-02-05 12:05
0.2.3

このバージョンでの変更"コマンドは、新しい"move_fraを含む(新しい場所)には、"backup_daily"コマンドの" - all"オプションは、リカバリ領域に移動する()は、複数のデータベースをより簡単にホストをサポートし、強化するスタンバイホストのSCPを使用するには、"create_standby"コマンド(コピー、バックアップ、データベースの状態をチェックすると、オプション)データベースのバックアップを開始する。
タグ: Major feature enhancements
Changes in this version include a new "move_fra" command (to move the recovery area to a new location), an "--all" option for the "backup_daily" command (to support hosts with multiple databases more easily), and enhancements to the "create_standby" command (copying backups to a standby host using SCP, checking database status, and optionally starting up databases).

プロジェクトリソース