ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Dateutils は日付をいじる周り回転ツールの束とに重点を置き、コマンド ・ ラインで回ユースケース膨大な金融データを扱うときに発生します。彼らのターゲット市場は、計算やカレンダー変換日付が必要なシェル スクリプトとなどは高いパイプできるでモデル化された彼らのよく知られているいとこ (同様に例えば弱いテスト、対) または grep 対 dgrep 後。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-08 10:42
0.2.4

これはバグ修正リリースです。特別な出力フォーマット「jdn」と「ldn」ジュリアン/リリアン日番号を追加します。日付の複数の出現/内で 1 つの行はすべて、最初に出現ではなくのみを処理します。ゾーンの違い指定子 (%z) でサポートされるは、解析および印刷になりました。Matlab ゾーン コンバーター tzconv が追加されました。Icc 13 建物になりました。多くの gcc 警告が修正されています。
タグ: feature, bugfix, Minor

This is a bugfix release.

It adds the special output formats "jdn" and "ldn" for julian/lilian day
numbers.


Multiple occurrences of date/times within one line are now all processed rather than only the
first occurrence.


A zone difference specifier (%Z) is now supported for parsing and
printing.

The matlab zone converter tzconv has been added.

Building with icc 13 works now.


Many gcc warnings are fixed.

2012-02-02 07:11
0.1.9

これはバグ修正リリースです。日付追加のコードをリファクタリングし、それには新しい期間タイプ、DT_MD、大きい月と日の summands をキャプチャする導入します。情報ページの例および README を参照してください。
タグ: bugfix, Minor, Stable
This is a bugfix release. The code for date addition is refactored, and with it a new duration type, DT_MD, is introduced to capture larger month and day summands.
See the info page examples and/or README.

2012-01-04 03:10
0.1.8

これはバグ修正リリースです。少しあいたバグ誤った結果は今「dconv で」を与えた。日付式 (dgrep、ら) の今任意接続詞 (&) と disjunctions (|) などの否定 (!) で結合できます。情報ページの例および README を参照してください。
タグ: bugfix, Minor, Stable
This is a bugfix release. A bit fiddling bug gave erroneous results in "dconv now". Date expressions (for dgrep, et al.) can now be arbitrarily joined with conjunctions (&&) and disjunctions (||), as well as negations (!). See the info page examples and/or README.

2011-10-31 06:20
0.1.7

これはバグ修正リリースです。最も顕著なは、ずさんな日付算数はしいもので交換済み、例えば 2100年はもはや飛躍の年と 31 日 2 月の 28/29 に即座に修正 2 月。さらに、専用の期間タイプの悪習のアイデアで、日または営業日に現在の日付を追加する機能、および ymcw の日付を比較することは正しく副作用のオーバー ロードされた dt_d_s 型交換済み。
タグ: Stable, Minor
This is a bugfix release. Most notably, sloppy date arithmetics have been replaced by correct
ones, e.g. 2100 is no longer a leap year, and the 31st of Feb is instantly corrected to 28/29 Feb. Further, the unmaintainable idea of dedicated duration types has been replaced with overloaded dt_d_s types, with the side-effect that adding days or business days to dates now works, and ymcw dates can be properly compared.

2011-10-22 05:57
0.1.6

Dcal と tcal のバイナリ名前を変更した「dconv」と「tconv」それぞれ、gcal パッケージからバイナリの tcal の名前の競合のためにされています。多くの数値指定子は、今 (「2011年-10-03 適用 % ディーティーエイチマーケティング %b % Y」「2011 年 10 月 3 日「得られる) 序数を示すために、「番目」フラグを対処します。営業日は、「b」それらの末尾で表すことができます。両方で、入力し、仕様、「番目」修飾子のような「b」修飾子サフィックスであり書式と表記の目的。多くの GNU-isms を容易に削除されている * BSD をビルドします。
タグ: feature, Minor, Stable
The dcal and tcal binaries have been renamed "dconv" and "tconv", respectively, due to a naming conflict with the tcal binary from the gcal package. Many numerical specifiers now cope with the "th" flag to denote ordinals ("%dth %b %Y" applied to 2011-10-03 will yield "3rd Oct 2011"). Business days can be denoted by suffixing them with "b". Both in the input and the specs, the "b" modifier, like the "th" modifier, is a suffix and serves formatting and notation purposes. Many GNU-isms have been removed to facilitate *BSD builds.

プロジェクトリソース