ダウンロードリスト

プロジェクト概要

DataVisionはCrystal Reportsに似たレポートツールです。ドラッグ&ドロップGUIまたはテキストエディタを使用してレポートをデザインすることができます。それらはアプリケーションから実行、閲覧、印刷が行え、HTMLやXML、PDF、エクセル、LaTeX2e、DocBook、タブまたはカンマ区切りのテキストファイルとして出力することもできます。LaTeX2eまたはDocBookにより生産された出力ファイルは逆にPDF、テキスト、HTML、PostScript等を生産するために利用できます。JDBCデータベースまたはテキストデータファイルからレポートを作成することも可能です。レポートの説明はXMLファイルとして保存されます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-12-05 19:33
1.1.0

このリリースでは、xlsの輸出のサポートを追加し、コマンドラインから、デフォルトの出力ディレクトリには、スタートレポートを指定するためのサポートを追加するには、Derbyデータベースに対して実行されたテストレポートを追加、DataVision JARファイル内のdatavision_version.txtファイルが含まれてなくなりますNPEをコピーするときに、レポート既存のレポートからコーンの情報、修正、修正重複するヘッダーempty_charsep.xml /フッターセクションは、一般的なドキュメントの更新追加、PDF LEでCJKフォントを実装して、CSSの実装は、HTMLレイアウトエンジンをベースにDOSの起動の問題が復元を修正するファイルを変更changelogファイルは、更新は、スクリプトを作成およびアップグレードのすべてのライブラリ。
This release adds XLS exportation support, adds
support for specifying
the starting report and the default output
directory from the
commandline, adds a test report which runs against
a Derby database,
includes the datavision_version.txt file in the
DataVision JAR,
eliminates NPE when copying report conn info from
an existing report,
fixes empty_charsep.xml, fixes overlapping
header/footer sections,
adds general documentation updates, implements CJK
fonts in PDF LE,
implements a CSS-based HTML layout engine,
modifies the DOS startup file
to fix issues, reinstates the changelog file,
updates the build script,
and upgrades all libraries.

2005-11-08 16:47
1.0

新しい集計フィールドを追加した:合計、最小、最大、カウント、平均値、stddev。ファイルをパースAPIが簡素化された。 JRubyとiTextはアップグレードされた。 ""フィールドピッカーでの編集メニューに追加されたメニュー項目を削除します。最後に現在記憶されてレイアウトエンジンを使用します。発売パッケージとGUIのバグが修正された。 PDFのフォントの選択を改善しました。 DataVision現在は、Java 1.4が必要です。不必要な正規表現とXMLのjarファイルが削除されました。コードは、CVS SVNのから移された。
タグ: Major feature enhancements
New aggregate fields were added: sum, min, max,
count, average, stddev. The file parsing API was
simplified. JRuby and iText were upgraded. A
"delete" menu item was added in the field picker
edit menu. The last-used layout engine is now
remembered. Release packaging and GUI bugs were
fixed. PDF font selection was improved. DataVision
now requires Java 1.4. Unneeded regex and XML jars
were removed. The code was moved from CVS to SVN.

2005-04-08 09:29
0.9.3

後に、レポートが保存され、読み込み、このバージョンの修正プログラムの問題は、フィールドの形式を変更した後は、レポートの出力から姿を消すだろう。これも修正され、深刻なサブレポートのバグのときにどこサブレポートと再放送の一部として保存されて読み込まれ、それらが正しく実行されないだろう。ため、サブレポートのクエリの結果をすぐにキャッシュされ、もう1つのサブレポートのバグがいる場合は、サブレポートの結合を複数持っている"と"彼らの間に生成するときにSQLです。サブレポートを持つレポートの実行速度が置かれ、修正されました。 MySQLのテストデータジェネレータが正しく名は大文字で、スペースを含む名前が生成されます。
タグ: Major bugfixes
This version fixes a problem where after changing a field's
format, it would disappear from report output after the
report was saved and reloaded. It also fixes a serious
subreport bug where when subreports were saved as part of
a report and re-loaded, they would not run properly. Another
subreport bug was fixed so that if a subreport has multiple
joins, "and" is put between them when generating SQL.
Reports with subreports will run faster, because subreport
query results are now cached. The MySQL test data
generator now properly generates upper-case names and
names with spaces.

2005-03-16 09:07
0.9.2

このリリースでは、レポートのスクリプト言語を編集するためのダイアログが表示されます[レポート]メニューでのF1言語の項目を追加します。また、"スクリプト言語"ドロップダウン式エディタ]メニューの[スタートアップの数式を抑制論文集ダイアログボックスを追加します。これは"ルビー"ルビー"を"すべての例は、XMLファイルとScripting.javaで言語名などを変更します。ようこそ新機能と変更ダイアログのためのドキュメントです。これはIllegalAccessExceptionときにエラーがレポートにフィールドをドラッグする原因とテーブルのオブジェクトのルックアップの問題が修正されました。
タグ: Major bugfixes
This release adds a Formula Languages item in the Report
menu that brings up a dialog for editing the report's scripting
languages. It also adds a "Scripting Language" drop-down
menu to the formula editor, startup formula, and
suppression proc dialogs. It changes "ruby" to "Ruby" as the
language name in all example XML files and in
Scripting.java. There is documentation for the new and
changed dialogs. A problem with table object lookup which
caused an IllegalAccessException error when dragging fields
onto the report was fixed.

2005-03-03 05:43
0.9.0

デフォルトのフォーマットとの国境は現在、全体のレポートを設定することができます。数式今では、Beanスクリプトフレームワークを使用して、レポートの数式には、グローバルオブジェクトとして公開されて実行されます。アップグレードはJRuby 0.8.0がなされた。その動作を変更していないコードのリファクタリングの数が行われた。引用符datavision.batでクラスパスを世界中からremvoedていた。そのPDFLEコンストラクタの不正な引数を示したドキュメントのエラーは修正されました。
タグ: Major feature enhancements
A default format and border can now be set for the entire report. Formulas are now run using the Bean Scripting Framework, and the report is exposed to formulas as a global object. An upgrade was made to JRuby 0.8.0. A number of code refactorings that didn't change behavior were made. Quotes were remvoed from around classpaths in datavision.bat. A documentation error that showed incorrect arguments for the PDFLE constructor was fixed.

プロジェクトリソース