ダウンロードリスト

プロジェクト概要

カップ PDF は、カップのための PDF ライター バックエンドです。それは中央ファイルサーバで PDF プリンターを提供することにより、異機種混在ネットワークでの PDF ファイルを生成するために設計されています。変換ファイルを PDF にカップでキューに印刷をあたりユーザー-ベースのディレクトリ構造で配置します。それは例えば処理後のスクリプトを実行することができますメーリング リストの結果をユーザーに許可します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-02 10:32
3.0beta1

このリリース複数の構成を 1 つのバックエンドをサポート、lpoptions または、PPD のオプション設定をサポートし、追加の PPD のオプション設定を追加します。出力ファイルの拡張子を選択するための新しいオプションがあります。ログ システムより良いエラー処理が改善されており、さまざまな一般的なコードの最適化が行われています。処理オプションは、新しいスクリプトは、contrib に含まれている/ディレクトリとすべてのドキュメントを更新しました。
タグ: Major
This release supports multiple configurations with one backend, supports option setting via lpoptions or the PPD, and adds an additional PPD for option setting. A new option for selecting output file extensions is available. The logging system has been improved with better error handling, and various general code optimizations have been done. A new script for handling options has been included in the contrib/ directory, and all documentation has been updated.

2011-10-05 10:49
2.6.1

ミスによって引き起こされる、構成ファイルに無効な行としてだけでなく、非解放のポインターが修正されました。いくつかの詳細の著作権はカップ PDF へのユーザーの貢献が含まれています。
タグ: Minor bugfixes
A non-freed pointer was fixed, as well as an invalid line in the configuration file caused by a typo. Some detailed copyright information was included with the user contributions to CUPS-PDF.

2011-10-03 00:54
2.6.0

エラーに、過去につながった珍しい行区切り記号のさまざまな対処のための実験的オプションが追加されました。補助グループはさらに、プライマリ 1 つに、印刷ユーザーの補助グループを介してのみアクセスできるようにするパスの部分を許可に設定されます。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
An experimental option for coping with various unusual line delimiters that led to errors in the past was added. Supplementary groups are now set in addition to the primary one, to allow parts of the path to be accessible only through those supplementary groups of the printing user.

2011-02-19 17:13
2.5.1

クラッシュが初期化されていないポインタのために固定されたクラッシュのロギングメカニズムが改善されました。標準入力を介してタイトル未定の文書の認識は、拡張されたジョブのラベルが今までに、文書名の後に設定することができます。貢献してファイルでは、いくつかのbashismsは、SELinux拠出から削除されました。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
A crash due to an uninitialized pointer was fixed and the logging mechanism for crashes was improved. Recognition of untitled documents via stdin was extended and job labels can now be set before and after the document name. In the contributed files, several bashisms were removed from the SELinux-contribution.

2009-01-27 03:14
2.5.0

新しいオプションが長いファイル名を切り詰めるために導入されました。スプールファイルをすぐにもエラーには、パージされ、出力ファイル()をCHMODは失敗以外として扱われる致命的だ。アップデートおよびマニュアルを追加し、作られた、追加の変更履歴をソースコードから削除されました。
タグ: Minor feature enhancements
A new option to truncate long filenames was introduced. The spool file is now also purged on errors, and failed chmod() on the output file is treated as non-fatal. Updates and additions to the documentation were made, and the additional changelog was removed from the source code.

プロジェクトリソース