ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

crypt++.el は、(ファイルを開くまえに)暗号または復号の自動認識を提供する、Lisp関数のパッケージです。そのファイルに関連したバッファはユーザーに提供される前に、復号化または暗号化します。このときディスク上のファイル自体は変更されません。バッファをディスクに保存する際に、実際にディスク上に書き込むまえに、フック関数がバッファを再度エンコードします。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2001-11-20 17:37
2.91

mcryptをサポートして地下室で追加された暗号化- alistに。ドキュメントの修正のカップルが行われた。
タグ: Minor feature enhancements
Mcrypt support was added in crypt-encryption-alist. A couple of documentation
fixes were made.

2001-05-14 20:15
2.89

このバージョンのgpgをサポートします。暗号化されたファイルは、空白行で始まるまた、バグを修正し、修正を他のコーディングシステム関連のバグ。
タグ: Minor bugfixes
This version supports gpg. It also fixes a bug with encrypted files starting
with a blank line, and fixes other coding-system related bugs.

2001-01-30 15:12
2.88

初期Freshmeatの発表; mailcryptとPGP/PGP50/GPGをサポートします。
Initial freshmeat announcement; support for mailcrypt and PGP/PGP50/GPG.

プロジェクトリソース