プロジェクトの説明レビューする

crypt++.el は、(ファイルを開くまえに)暗号または復号の自動認識を提供する、Lisp関数のパッケージです。そのファイルに関連したバッファはユーザーに提供される前に、復号化または暗号化します。このときディスク上のファイル自体は変更されません。バッファをディスクに保存する際に、実際にディスク上に書き込むまえに、フック関数がバッファを再度エンコードします。

レビュー
あなたの評価
レビューする