ダウンロードリスト

プロジェクト概要

crosstool-NGは高度に設定可能な、多目的なtoolchain生成ツールです。 多くのターゲットアーキテクチャ、異なるコンポーネント(glibc/uClibc)やバージョンをサポートします。 crosstool-NGはまたデバッグユーティリティ(DUMA、strace...)や生成ツール(sstrip...)をサポートします。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-21 05:44
1.13.2

Ncurses ライブラリを構築しました。Cloog ライブラリを抽出する修正されています。'プレスコット' CPU は、今、i686 として認識されます。
タグ: Major bugfixes
Building the ncurses library has been fixed. Extracting the cloog library has been fixed. The 'prescott' CPU is now recognized as an i686.

2011-09-26 02:51
1.12.3

ダウンしているkernel.orgにするために、別のダウンロード先は、Linuxカーネルを取得するために追加されました。 binutilsのリリースの名前変更のために、binutilsのバージョンが修正されています。 gdbのバージョンの名前を変更するには(それはパッチディレクトリの名前変更を欠いて)これで完了です。 3.82を作るに関する既知の問題、および回避策は、既知の問題のリストに追加されています。
タグ: minor bugfix
Due to kernel.org being down, an alternate download location has been added to retrieve the Linux kernel. Due to the binutils release renaming, the binutils versions have been fixed. The gdb versions renaming is now complete (it lacked the patches directories renaming). A known issue about make 3.82, and a workaround, have been added to the list of known issues.

2011-09-12 02:03
1.12.2

gdbのバージョン文字列が修正されています。 SYSROOT prefixディレクトリを使用すると、修正されています。
タグ: Major bugfixes
The gdb versions strings have been fixed. Using a sysroot prefix directory has been fixed.

2011-08-26 20:13
1.12.1

いくつかの移植性の修正は(GDB、uClibc、その他のlibelf、ltraceの、およびインストールのconfigスクリプト)を適用しております。より多くのautostuffの互換性が追加。/ configureをしている。 ctorの/ DTORの使用は現在uClibcの設定に適用されます。
タグ: Minor bugfixes
Some portability fixes have been applied (gdb, uClibc, libelf, ltrace, and the installed config script). More autostuff compatibility has been added to ./configure. Use of CTOR/DTOR is now enforced in the uClibc configuration.

2011-05-19 10:42
1.11.2

コンパニオンライブラリが正しくGCCの4.4.6(デフォルト値)で選択されています。
タグ: Minor bugfixes
Companion libraries are now properly selected with GCC 4.4.6 (the default value).

プロジェクトリソース