ダウンロードリスト

プロジェクト概要

!ConMan は多数のコンソール デバイスとの同時ユーザーをサポートするために設計されたシリアル ・ コンソール管理プログラムです。外部プロセス (例えば、期待を制御接続に telnet 経由、ssh を使用して、または IPMI シリアル オーバー LAN) Unix ドメイン ソケット、IPMI シリアル オーバー LAN (FreeIPMI) 経由 (telnet プロトコル) 経由でリモートのターミナル サーバー ローカルのシリアル デバイスをサポートしています。その機能は、ログ (およびオプションでタイムスタンプ) を含むファイル、モニター (R/O) またはインタラクティブ (R/W) モードでのコンソールへの接続、クライアント共有またはコンソール書き込み特権を盗むをできるように、複数のコンソールへの出力をクライアントに放送するデバイスの出力をコンソールします。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-04-22 15:09
0.2.7

同時実行のバグは、IPMI SOLの接続で修正されました。サポートは、IPMI SOLの暗号スイートのIDが、特権レベル、およびこの問題を回避するフラグが追加されました。サポートは、ログファイルをコンソールにfcntlのロックを無効にするために追加されました。 " - - freeipmiと"設定であることに注意して今すぐfreeipmi - 1.0.4以降が必要です。
タグ: Bugfixes and feature enhancements
Concurrency bugs were fixed in IPMI SOL connections. Support was added for IPMI SOL cipher suite IDs, privilege levels, and workaround flags. Support was added for disabling fcntl locks on console log files. Note that configuring "--with-freeipmi" now requires freeipmi-1.0.4 or later.

2010-06-16 16:29
0.2.6

ライセンスはGPLv3の以降に変更されました。ホームページが変更されました。バグは、IPMI SOLので修正され、再接続プロセス駆動型は、再接続します。
タグ: Bugfixes
The license was changed to GPLv3 or later. The homepage was changed. Bugs were fixed in IPMI SOL reconnects and process-driven reconnects.

2009-05-20 06:17
0.2.5

バグがポーリングループが発生する可能性が状態を撃墜で修正されたスピントラップ機。 'サーバがコアダンプ'と'サーバーcoredumpdir'の設定ディレクティブが追加された。
タグ: Bugfixes
A bug where consoles trapped in a downed state could cause the poll loop to spin was fixed. The 'server coredump' and 'server coredumpdir' config directives were added.

2009-04-22 16:39
0.2.4.1

gccの- 4.4 Fedora 11日、ビルドで修正された。
Builds with gcc-4.4 on Fedora 11 were fixed.

2009-04-16 02:38
0.2.4

サポートFreeIPMI追加されました。コンソールスクリプト日ELOMおよびSun Fire V20z/V40zのために追加された。
Support was added for FreeIPMI. Console scripts were added for Sun ELOM and Sun Fire V20z/V40z.

プロジェクトリソース