ダウンロードリスト

プロジェクト概要

CloverETLはデータ統合、データ変換作成のための Javaベースのツール/フレームワークです。これはコンポーネントベースであり、transformation graphの概念に従っていて、個々のノード/コンポーネントは単純な(あるいは複雑な)データ操作を実行します。すべての変換はデータフローを通じて相互接続したノードのセットとして定義できます。CloverETLはスタンドアロンアプリケーションとして、あるいは大規模なプロジェクトに組み込んで使用できます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-03-31 06:02 リリース一覧に戻る
3.0.2

CTL2端子:リストやレコードのマップが可能になりました。 XMLExtractは現在、nullと空の文字列が区別されます。集計:AVGは()との合計()集計関数、整数オーバーフローのチェックを実行します。 DataIntersectionは現在正しく並べ替えられていない入力を報告します。 UniversalDataReaderとWriterが指定するための"引用文字"属性をサポートしています。追加の修正があります。
CTL2: lists and maps of records are now possible. XMLExtract now distinguishes between null and empty strings. Aggregate: avg() and sum() aggregate functions now perform integer overflow check. DataIntersection correctly reports unsorted input now. UniversalDataReader and Writer now support the "Quote character" attribute for specifying. There are additional fixes.

プロジェクトリソース