ダウンロードリスト

プロジェクト概要

クラスター インフラストラクチャ (CI) linux は、Linux クラスター、クラスター メンバーシップ サブシステム (「CLMS」) と OpenSSI プロジェクトの節間通信サブシステム (「ICS」) を拡張するための共通インフラストラクチャです。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-12-02 13:21
0.9.9

多数のバグ修正と機能拡張が行われた。
タグ: Minor bugfixes, Cluster Infrastructure
Numerous bugfixes and enhancements were made.

2003-07-11 09:43
0.9.8

ソースコードを完全に再編成されています。そこでは、インストールに記載されてインストールするための別の手順です。 SIGCLUSTER削除されています。アプリケーションは、クラスタイベントを受け取るための任意の信号を登録できます。このlibclusterでcluster_events_register_signal()の呼び出しを介して行われます。アウトの上のハード制限ICSの行のデータを消去されています。 ICSのバグの様々な修正を行いました。このノードを監視飢餓問題に対する修正が含まれ、初期化でのレースと同様/フェールオーバー。 nsc_async機構のロックを改善しました。より多くのサポートOpenSSIプロジェクトに追加されました。
タグ: Minor feature enhancements, Cluster Infrastructure
The source code has been completely reorganized.
There is a different procedure for installing, which is
documented in INSTALL. SIGCLUSTER has been
removed. Applications can now register any signal to
receive cluster events. This is done via the
cluster_events_register_signal() call in libcluster. The
hard limit on out-of-line data in ICS has been
eliminated. A variety of ICS bugs were fixed. This
includes fixes for a node monitor starvation problem, as
well as races in initialization/failover. Locking in
nsc_async mechanism was improved. More support was
added for the OpenSSI project.

2003-01-20 05:32
0.8.0

このリリースではHA用のサポートCFSは含まれています。これは、set_lvsdirector追加()libclusterするよう求める。 keepaliveを修正するすべてのノード上でプロセスを起動することができます。
タグ: Minor feature enhancements, Cluster Tools
This release includes support for HA-CFS. It adds a set_lvsdirector() call to libcluster. A fix to keepalive allows it to spawn processes on all nodes.

2002-12-24 22:26
0.7.6

クラスタ内のシグナル番号のlibpthreadとの競合を解決するために移動されている。クラスタシステムコール番号の数字は、Red Hatのカーネルの主張を避けるために移動されている。このリリースではまた、実験的なGNUスタイルを構築し、最終的には、既存の1つを交換するシステムが含まれます。これらの変更のために、あなたは、CIまたはSSI 0.7.6カーネルには、このリリースを使用してアップグレードする必要があります。
タグ: Minor feature enhancements, Cluster Tools
Cluster signal numbers have been moved to resolve a conflict with libpthread. Cluster system call numbers have been moved to avoid numbers claimed by the Red Hat kernel. This release also includes an experimental GNU-style build system that will eventually replace the existing one. Due to these changes, you must upgrade to the CI or SSI 0.7.6 kernel to use this release.

2002-12-24 22:26
0.7.6

クラスタ内のシグナル番号のlibpthreadとの競合を解決するために移動されている。クラスタシステムコール番号の数字は、Red Hatのカーネルの主張を避けるために移動されている。これらの変更のため、クラスタツール0.7.6には、このリリースを使用してアップグレードする必要があります。
タグ: Minor bugfixes, Cluster Infrastructure
Cluster signal numbers have been moved to resolve a conflict with libpthread. Cluster system call numbers have been moved to avoid numbers claimed by the Red Hat kernel. Due to these changes, you must upgrade to Cluster Tools 0.7.6 to use this release.

プロジェクトリソース