ダウンロードリスト

プロジェクト概要

chkconfig は linux/etc/rc.d 内のシンボリック リンクの管理を簡素化するツールです。このバージョンは基づいて Fedora Core 6 から chkconfig の最新リリースでは、他のディストリビューション/プラットフォームへの移植を簡略化するスクリプトを構成する autoconf スタイルを追加します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-04-02 20:56
1.3.30a

Fedora Core 6の配布などのバージョン1.3.30と一致するように更新。今は、"/ usr / sbin /選択肢"プログラムとは、もはや含まれている'popt'ライブラリが必要です。
タグ: Minor feature enhancements
Updated to match version 1.3.30 as distributed by Fedora Core 6. Now includes the "/usr/sbin/alternatives" program, and no longer requires the 'popt' library.

2003-11-01 22:53
1.2.24h

このバージョンのため、Red Hatのpoptライブラリは、もはや前提とされているgetopt_long()関数をサポートしています。
This version has support for the getopt_long()
function, so Red Hat's popt library is no longer a
prerequisite.

2001-12-20 23:25
1.2.24f

新しい設定オプションを個別にrc.dディレクトリから、同様の新しいランタイムオプションinit.dを指定します。
タグ: Minor feature enhancements
A new configure option to specify init.d separately from the rc.d directory, and similar new runtime options.

2001-12-05 12:46
1.2.24c

このプログラムは現在コメントをヘッダーがinitスクリプトのレベルを問い合せるchkconfigを必要としないように設定することができます。
タグ: Minor feature enhancements
The program can now be configured to not require chkconfig comment headers when querying the levels of an init script.

2001-11-23 09:10
1.2.24b

Debianパッケージを構築するためのサポートファイルが追加されている。
タグ: Minor feature enhancements
Support files for building a Debian package have been added.

プロジェクトリソース