ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Chiron FS はFUSEベースのファイルシステムであり、RAID1がデバイスレベルで行うのと同じように、ファイルシステムレベルでのレプリケーションを実装しています。レプリケートされるファイルシステムは、マウントされてさえいれば何でも構いません。特別な設定ファイルは必要ありません。mountコマンドひとつ(あるいはfstabの1行)だけでセットアップできます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-06-24 05:37
1.1.1

このリリースではマウントされて、それが表示できるように、それ(のようなの/ proc)は、カイロン社のファイルシステムの動作を制御するための疑似ファイルシステムをマウントできるようにオプションをしており、複製の状態を変更します。動的に生成さNagiosのプラグインのスクリプトも提供されます。 howtoとのmanページを更新しました。バグが作ったChironFSは、その制御システムを管理するプログラムに固定されている正しいパスを決定するために失敗します。
タグ: Initial freshmeat announcement, Development
This release has an option that allows it to mount a pseudo-filesystem (like /proc) to control the behavior of the Chiron filesystem being mounted, allowing it to show and change the status of the replicas. Dynamically generated Nagios plugin scripts are also provided. The howto and man page were updated. A a bug that made ChironFS fail to determine the correct path to the program that manages its control filesystem has been fixed.

2008-04-06 23:13
1.0.0

このリリースでは、パッチ、FreeBSDやNetBSDにChironFS移植を統合し、* BSDのバージョンでは、Linuxのバージョンを取得し、同じシステム情報を取得するためにデバッグ用のコードを変更します。これは、次のChironFSリリースの順序で同期複製に失敗するために情報が必要になりますが必要です。
タグ: Code cleanup
This release integrates patches porting ChironFS to FreeBSD and NetBSD, and changes the debug code on *BSD versions to get the same system information that the Linux version gets. It is needed because the next ChironFS release will need that info in order to resynchronize failed replicas.

2007-10-23 11:33
1.0RC9

脆弱性が権限のないユーザが権限を持っていなかったのファイルに触れることreadlinkがバグがリンクされたファイルのバイト数が誤って報告されていたと一緒に修正されて書くことができた。関数へのアクセスに問題がruid、呼び出し元のプロセスのrgidが、チェックされないというよりは実装のユーザーを修正しました。メモリリークが修正されました。
タグ: Major security fixes
A vulnerability where an unprivileged user was able to touch a file which it did not have the rights to write was fixed along with a readlink bug where the number of bytes of the linked filename was being incorrectly reported. An issue in function access where the ruid and rgid of the caller process was not checked, but rather that of the mounting user was fixed. A memory leak was fixed.

2007-10-04 11:18
1.0RC8

このリリースでは、ハッシュテーブルの機能とサイズ変更や改善の範囲チェックを変更した。 ulimitの処理を改善しました。誤ったエラーメッセージが修正され、詳細なエラーメッセージが提供されました。バグは、メモリのチャンクをするときに、マウント時には、ユーザーinexistentレプリカのパスを指定固定された2回解放されていた。このhowtoを更新しました。
タグ: Minor bugfixes
This release changed hash table functions and sizing and improved range checks. ulimit handling was improved. An incorrect error message was fixed and more detailed error messages were provided. A bug where a chunk of memory was being freed two times when, in mount time, the user supplied an inexistent replica path was fixed. The howto was updated.

2007-09-21 19:56
1.0RC7

脆弱性のどこにファイルを、ユーザーは、ユーザーがマウントされてChironFSマウントユーザーによってではなく、ファイルの作成所有していたよりも、他の作成、固定されている。失敗したすべてのファイルが("rm - rf"を数千のファイルとディレクトリ)を削除する大規模なことを除外するための実験を修正します。は、ログファイルからの相対パスを使用して阻止していたバグが修正されています。優先順位付けシステムでは、単純なラウンドの変更が実装されている、読み取り操作の負荷バランスしたロビン、およびパフォーマンスのときにいくつかのレプリカを大幅に他よりも遅くなっているが向上します。メモリリークが修正されている。
タグ: Major security fixes
A vulnerability has been fixed where files created a user other than the user that mounted ChironFS were owned by the mounting user and not the file creator. An experimental fix for a failure to exclude all files when doing massive delete ("rm -Rf" on directories with thousands of files). A bug that prevented using logfile-relative pathnames has been fixed. A prioritization system has been implemented, modifying the simple round-robin that made the load balance on read operations, and improving performance when some replicas are significantly slower than others. A memory leak has been fixed.

プロジェクトリソース