ダウンロードリスト

プロジェクト概要

checkinstallは、"make install"や同等のものによってインストールされた全てのファイル、それらのファイルから作られたSlackware、RPM、Debianパッケージを追跡し続け、それらをインストールされたパッケージのデータベースに追加し、パッケージの削除や配布を容易にすることができます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-12-27 06:38
1.6.2

サポートは、新しいglibcでのスタイルの関数を追加しました。多くのバグ修正や改良が行われた。
タグ: Stable
Support was added for the new glibc's at-style functions. Many bugfixes and improvements were made.

2006-11-01 15:12
1.6.1

getcwd()のバグが修正されました。 ()とアクセスulimits監視するためのサポート(追加)された。ニューヨークのNLS翻訳が含まれている。
タグ: Minor bugfixes, Stable
The getcwd() bug was fixed. Support for monitoring
ulimits() and access() was added. New NLS
translations have been included.

2005-08-11 01:12
1.6.0

このリリースでは、さまざまなパッチや修正プログラムには問題が多くのユーザーを追加するときに、新しいLinuxディストリビューション上で実行していると報じた。
タグ: Major bugfixes, Stable
This release adds various patches and fixes the problems many users reported when running on newer Linux distributions.

2004-12-01 23:01
1.6.0beta4

バグが原因セグメンテーションフォルトが新しいのFCおよびSuSEのバージョンに固定されている実行している。新しいSlackwareのバージョンでは、パッケージの作成は、バグと固定されている/ etc / ld.so.confにはもはやデフォルトで自動的に変更されます。
タグ: Major bugfixes, Development
The bug that caused segfaults when running on newer FC and SuSE versions has been fixed. The package creation bugs in newer Slackware versions have been fixed, and /etc/ld.so.conf is no longer automatically modified by default.

2003-12-26 17:07
1.6.0beta3

ドキュメントのバグファイルのサポートを追加このリリースで修正プログラムの自動更新/ etc / ld.so.confにする能力は、以前に書き込まれます。specファイルを、リサイクルしてもビルドするときにSlackwareのかDebianのパッケージがあります。があるバグ修正と機能拡張をたくさんされている。
タグ: Major bugfixes, Development
This release fixes the documentation files bug and adds support for
automatic updating of /etc/ld.so.conf and the ability to recycle a
previously written .spec file, even when building Slackware or Debian
packages. There have been lots of bugfixes and enhancements.

プロジェクトリソース