ダウンロードリスト

プロジェクト概要

cdrtoos(以前はcdrecordという名称でした。)は、CD-R/CD-RW/DVD/ブルーレイレコーダを使用して自分用のCDやDVDを作成します。複数のアプリケーションでは、コピーエンジンとして機能します。また多くのメーカのCD/DVD/BDレコーダに対応しています。SCSI-3/mmc-およびATAPI/mmc準拠しているすべてのドライブでも動作する筈です。対応している機能としては、IDE/ATAPI、パラレルポート、およびSCSIドライバなど。メディアは、音楽用CD、データCD、そして音楽/データ兼用CD。マルチセッションに完全対応。CD-RW、DVD-R/-RW、DVD+R/+RW、BD-R/BD-RE。書き込みモードとしてTAO、DAO、RAWに対応しており、判読可能なエラーメッセージを出力します。cdrtoosは、リモートでのSCSIに対応しており、そしてリモート接続または直接接続したCD/DVD/BD書き込み機にアクセスすることができます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-12 08:37
3.01a12

UDF メタデータ内の 2 つのバグが修正されましたファイル目 4 GB 並べ替えしながら存在していた場合悪いファイルの内容を引き起こす mkisofs の原因となったオプションを使用しました。Cdda2wav はもはや求めてガベージを印刷します"cd-rom をロードしてください、キーを押しますを入力してください"と NL 以外の文字が入力されました。
Two bugs in the UDF metadata have been fixed that caused mkisofs to cause bad file content in case a file > 4 GB was present while the -sort option was used.
Cdda2wav no longer prints garbage when asking "load cdrom please and press enter", and a character other than NL was entered.

2013-01-10 12:45
3.01a11

このリリースは、cygwin の最近のリリースでコンパイルをサポートする回避策を追加します。
This release adds a workaround to support compilation on the recent cygwin release.

2012-12-04 07:13
3.01a09

岩尾根 CE エントリのセクター アドレスをコンピューティング mkisofs の 32 ビット符号なし int ロール オーバー バグ (ヒット 4 GB 過去を開始マルチ セッション) を修正しました。Mkisofs のスイートからのすべてのプログラムは今、新しいサポート オプション - を無視する-エラー。新しいプラットフォーム (パイロ) のサポートが追加されました。
A 32-bit unsigned int rollover bug in mkisofs with computing sector addresses for Rock Ridge CE Entries was fixed (hits with multi session that starts past 4 GB).
All programs from the mkisofs suite now support a new option -ignore-error. Support for a new platform (Pyro) was added.

2012-08-16 06:17
3.01a08

人造人間のためのクロス コンパイル サポートを改善。Mac OS X の -g をコンパイルするときに問題を回避動作します。並列 make の呼び出しを同期できるようにする man ページ サブディレクトリに対する依存関係を紹介します。Debian を FreeBSD カーネルをサポートしようとします。Libschily 今動的リンクされます $(LIB_INTL) に対して。警告 GCC-4.0 とバッファーのオーバーフローを回避できます。このリリース壊れた弱い #pragma 周り Cygwin で動作します。Mkisofs 固定バグで新たに導入された PVD オプション - 変更-日付。
Better support for cross-compiling for Android.
Works around a problem on Mac OS X when compiling with -g. It introduces a dependency for man page subdirectories to allow syncing parallel make calls.
It tries to support Debian with FreeBSD kernel.
Libschily is now dynamically linked against $(LIB_INTL).
A buffer overflow warning with GCC-4.0 is avoided. This release works around the broken #pragma weak on Cygwin. Mkisofs fixed a bug in the PVD that was introduced with the new option -modification-date.

2012-03-02 07:47
3.01a07

コピー作業を説明するより明らかに変更されているファイルは、(GPL を理解する重要な) 制限します。Llvm gcc 4.2 のバグの回避策は、inc/avoffset.c で導入されています。新しいシンボリック リンク サポート AMD 64 FreeBSD, OpenBSD と Mac OS X の cdrecord cdda2wav、readcd を完全にルート ・ suid ルート以下を実行することができますに変換されているし、OpenSolaris ONNV_140 以降の pfexec(1) を呼び出すスクリプトで、pfexec(1) は、カーネルに統合されています。openat() と同様の機能は、現在 libschily の古いプラットフォームでエミュレートされます。
The file COPYING has been reworded to be more obvious with explaining work limits (important to understand the GPL). A workaround for a bug in llvm-gcc-4.2 has been introduced in inc/avoffset.c.
New symlinks to support AMD-64 on FreeBSD, OpenBSD, and Mac OS X. cdrecord, cdda2wav, and readcd have been converted to be able to run completely root-less and suid-root-less, and with no script that calls pfexec(1) on OpenSolaris ONNV_140 or later, pfexec(1) has been integrated into the kernel.
openat() and similar functions are now emulated in libschily for older platforms.

プロジェクトリソース