ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Boxtream は、オーディオとビデオ エンコーダーと鯉のぼりとモバイル ビデオストリーミング スタジオの形成、オーディオおよびビデオ ハードウェアのアセンブリです。それは簡単に記録し、ストリームのライブ プレゼンテーション、スライド、またはスライドのみ、同期し、発表者を含むまたは発表者だけに設計されています。それは遠隔教育学生のためのインターネット上のストリームのライブ セミナーに造られました。それをサポートし、自動検出いくつかのブランドとモデルのビデオ ・ スイッチャーです。それすることができます完全リモートで制御する XML-RPC 経由 X 11 が含まれますインターフェイス。既定では、7 異なるストリーミングと録画のシナリオをサポートしています。唯一の USB ウェブカメラもや DV カムコーダーと、ラップトップのような非常に最小限のハードウェアとソフトウェアの一部は使用もできます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-11-21 06:46
0.999

非常に最初の時間は、3つの基本シナリオは、1つのUSBウェブカメラやミニのような最小限のハードウェアDVビデオカメラを持つ人々のため、最終的にBoxtreamみんなで使用することができますが追加されている。スクリプトの例をさらに使用を簡素化に追加されている両方のバックエンドとは、ローカルマシン上では、フロントエンドを起動します。軸ウェブカメラ今souphttpsrcのGStreamerプラグインで処理されます。マイナーなバグをあらゆる場所に固定された。プロジェクトの歴史の小さなフランス語プレゼンテーションでは、OpenDocumentフォーマットでの配布に追加されました。
タグ: Major feature enhancements
For the very first time, three basic scenarios have been added for people with minimalistic hardware like a single USB Webcam or mini-DV camcorder, so finally Boxtream can be used by everybody. An example script to start both the backend and the frontend on the local machine has been added to further simplify use. Axis Webcams are now handled with the souphttpsrc GStreamer plugin. Minor bugs were fixed all over the place. A small French presentation of the project's history was added to the distribution in the OpenDocument format.

2008-04-27 15:14
0.998

Kramerのビデオスイッチャの基本的なサポートが追加されました。 /デフォルトのハードウェア構成ではVの同期の問題を修正しました。 Graphvizのファイルが自動的に実行するGStreamerのパイプラインから生成されたドット。パッケージは現在、一般的なハードウェアアーキテクチャのスキーマが含まれます。小さなバグ修正や改善点の多くはあらゆる場所で行われた。ライセンス条件はGNU GPL 3.0またはそれ以降に変更された。は、この1つをインストールする前に、既存のバージョンを削除する必要があります、ストリーミングシナリオに変更されているので、注意してください。
タグ: Major feature enhancements
Basic support for Kramer video switchers was
added. An A/V sync problem in the default hardware
configuration was fixed. Graphviz dot files are
generated automatically from the running GStreamer
pipeline. The package now includes the schema of
the general hardware architecture. Lots of small
bugfixes and improvements were done all over the
place. Licensing terms were changed to GNU GPL 3.0
or later. Be aware that you must delete the
existing version before installing this one, since
the streaming scenarios have been renamed.

2007-05-29 20:06
0.997

これは、完全なカスタムシナリオにしたサポートの最初のリリースで、この機能は、現在の例では、Webサイトに記載されます。コマンドラインオプションの処理は今より賢くなります。マルチスレッドをサポートし、改良され、現在のパイプラインのストリーミングが正常に停止されます。マイナーなバグの多くは、あらゆる場所に固定された。 Webサイトの内容は通常、このプロジェクトでは、3時間のストリーミングセッションを14の部分にカットとして行われますが、現実世界の例が含まれます。
タグ: Major feature enhancements
This is the first release that fully supports custom made scenarios, and this feature is now documented on the Web site with an example. The handling of command line options is now smarter. Multithreading support was improved, and now streaming pipelines are correctly stopped. A lot of minor bugs were fixed all over the place. The Web site contains real world examples of what is usually done with this project, as a three hour streaming session cut into 14 parts.

2007-05-02 14:21
0.996

()は、単純なビデオカメラ例えば、ここには、最小限のハードウェア要件は、単一のfirewireデバイスは、最初のリリースですが、意思サードパーティを使用し、貢献できる人もいるから高価なハードウェアを使用せず。には、オーディオを防止問題は、ストリーミングを修正しました。ユーザーは、簡単にストリーミングやシナリオの記録を独自に作成することができます。軸の基本的なサポートのスイッチャの入力コントローラとして24XXカメラサーバーが、現在は記載されています。ビデオのバランスが片側だけに2つの辺のシナリオ使用されて制御されます。
タグ: Major feature enhancements
This is the first release where the minimal hardware requirement is a single firewire device (e.g. a simple camcorder), making third party uses and contributions possible even from people without expensive hardware. A problem which prevented audio-only streaming was fixed. Users can now easily create their own streaming and recording scenarios. Basic support for Axis 24XX cameras servers as switcher's inputs controllers is included, but currently not documented. The video balance now only controls one side when a two-sides scenario is used.

2007-04-24 20:04
0.995

エンコーダ今は非常に同じシナリオを使用しては、後日、別のイベントを記録することができますPythonソースプログラムを生成することができます。たとえば、入力、または追加および削除するテキストの間のスイッチングはまったく同じ時間で行われる、と記録型のオーバーレイ、正確には、元のイベントの記録の時と同じになるには、ビデオのバランス値、およびその。生成されたプログラムレスのXML - RPCクライアントは、エンコーダ、エンコーダは、ローカルホスト上で実行していると話すが、これもリモートエンコーダに話すことができますが、デフォルトすることです。マイナーなバグが修正されました。
タグ: Major feature enhancements
The encoder can now generate a Python source
program which can record a different event at a
later date while using the very same scenario. For
example, switching between inputs or adding and
removing text overlays will be done at exactly the
same time, and the type of recording, the video
balance values, and so on will be exactly the same
as they were during the recording of the original
event. The generated program is a headless XML-RPC
client to the encoder, which defaults to talking
to the encoder running on localhost, but which can
also talk to a remote encoder. Minor bugs were
fixed.

プロジェクトリソース