ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Botanは、C++で書かれた暗号化ライブラリです。AES、MD5、SHA、HMAC、RSA、Diffie-Hellman、DSAやECDSAなどの一般的なアルゴリズムだけでなく、さらに無名又は特殊な様々な暗号化アルゴリズムを提供しています。また、SSL/TLS (クライアントとサーバ)、X.509v3証明とCRLs、及びPKCS #10証明要求も提供しています。フィルタ/パイプライン メタファを使うメッセージ処理システムは、コードに数行書き込むだけで、多くの共通的な暗号化タスクを実現できます。一般的ななCPUのためのアセンブリとSIMD最適化は、AESやSHA-1のようなクリティカルなアルゴリズムの高速化のために提供されています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-07-11 22:54
1.8.13

このリリースでは、マルチスレッドアプリケーションにおけるメモリ破損を引き起こす可能性のある競合状態が修正されています。
タグ: stable bugfix
This release fixes a race condition that could cause memory corruption in multithreaded applications.

2011-06-21 05:33
1.10.0

このリリースではGOST 34.10から2001署名方式、Keccakハッシュ関数、XSalsa20ストリーム暗号、bcryptのパスワードハッシュ、AES鍵ラッピング、動的にロードされるエンジンは、(最大TLS v1.1には、クライアントとサーバーモードの両方)TLS / SSLを追加、およびその他の機能の数。 AES、蛇、ECDH、ECDSA、およびSHA - 2のための新しい最適化も含まれています。
タグ: Stable
This release adds SSL/TLS (both client and server mode, up to TLS v1.1), the GOST 34.10-2001 signature scheme, the Keccak hash function, the XSalsa20 stream cipher, bcrypt password hashing, AES key wrapping, dynamically loaded engines, and a number of other features. New optimizations for AES, Serpent, ECDH, ECDSA, and SHA-2 are also included.

2011-06-04 09:23
1.9.18

SSLの実装は、現在のVisual C + + 2010のTR1の実装で使用することができます。 ECCアルゴリズムのための数多くの最適化は、50%の性能向上に20を提供しています。 Solarisユーザーに影響を与えるいくつかの移植性のバグが修正されたとしてのVisual C + + 2010クランコンパイラの下で引き起こされたバグがした。 GOST規格に34.10署名を検証するユーザへのサービス拒否を引き起こす可能性のあるバグも修正されています。
The SSL implementation can now be used with Visual C++ 2010's TR1 implementation. Numerous optimizations for the ECC algorithms provide 20 to 50% performance improvements. Some portability bugs affecting Solaris users were fixed, as were bugs that were triggered under the Visual C++ 2010 and Clang compilers. A bug that could cause denial of service to users verifying GOST 34.10 signatures was also fixed.

2011-04-30 13:53
1.9.17

このリリースでは、ドキュメントを生成するためのスフィンクスとDoxygenの使用を制御するためのいくつかの新しいオプションが追加されます。 x86プロセッサのランタイム機能の検出を破ったバグが修正されています。 BeOSのクローンのサポート/継続俳句は改善されています。これは、次のstableツリーに、うまくいけば最終的な第三のリリース候補です。
This release adds some new options for controlling use of Sphinx and Doxygen for generating documentation. A bug that broke runtime feature detection on x86 processors has been fixed. Support for the BeOS clone/continuation Haiku has been improved. This is the third and hopefully final release candidate for the next stable tree.

2011-04-12 06:42
1.9.16

ドキュメントは、スフィンクスのドキュメンテーションツールで使用するためにreStructureredテキストで書き直されました。ドキュメントも大幅に最新リリースの新機能をカバーするために拡張されています。
タグ: Documentation
The documentation has been rewritten in reStructurered Text for use with the Sphinx documentation tool. The documentation has also been greatly expanded to cover new features in the latest releases.

プロジェクトリソース