ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Blitzは、JavaSpaces技術の開発と配布を容易にするために設計されたオープンソースのJavaSpacesの実装です。Jini 2.0に対応しており、確立されたVMの原則を利用します。これは、またスマートなインデックス化、調整可能な永続性及び能動的/受動的なリースのクリーンアップも実装しています。これは、実験性と拡張性を考慮して設計されています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-10-11 00:49
2.1.4

外部並行ライブラリのすべての依存関係が削除されたコードベースはjava.util.concurrentの上に移植されました。バージョン情報は、他のすべてと一緒に統計情報として公開された。 JDK 1.4のサポートは、並行ライブラリの仕事の一部として削除されているは、JDK 5は最小要件です。
All dependencies on external concurrency libraries were removed and the codebase was ported onto java.util.concurrent. Version information was made available as a statistic alongside all others. JDK 1.4 support has been removed as part of the work on concurrency libraries, JDK 5 is now the minimum requirement.

2010-10-03 23:36
2.1.3

この問題は、または、スプリアスウェイクアップは、読み取りを取る可能性がありますが修正された部分は、タイムアウトがLease.FOREVERされていても、一致することなく早期終了してください。
A problem was fixed where a spurious wakeup could cause a take, a read, or a bulk take to exit early without matching, even if the timeout was Lease.FOREVER.

2010-09-27 08:14
2.1.2

vmstatのようなツールは、(CondensedStats)が追加されました。情報が拡張されたI / Oおよびスレッドの統計情報によって提供される。 LocalSpaceの実装では、今すぐ開始することができ、単一のJVMインスタンス内で繰り返し停止する。新しい高性能ロガーが速く五十%への持続的なモードを作るが追加されました。
A VMStat-like tool (CondensedStats) was added. The information provided by the I/O and Thread statistics was extended. The LocalSpace implementation can now be started and stopped repeatedly within a single JVM instance. A new higher performance logger was added, making persistent mode up to fifty percent faster.

2008-07-03 23:02
2.0fcs

* IfExistsのいくつかのバグが修正されました。 FIFO内のIllegalMonitorStateExceptionが固定されたモードに届け出なければならない。の操作でバグ統計情報と、固定されたスレッドの統計情報が追加されました。 MonitorStatsツールを秒単位でループ時間を受け入れるように変更されました。構成ファイルから再検索設定をするツールが追加されました。
タグ: Major bugfixes, Pure Java Edition
Several bugs in *IfExists were fixed. An
IllegalMonitorStateException in FIFO notify mode
was fixed. A bug in operations statistics was
fixed and a threads statistic was added. The
MonitorStats tool was modified to accept a
loop-time in seconds. A tool to reload lookup
settings from a configuration file was added.

2007-08-14 00:00
2.0-rc1

ブロッキング処理コア、大幅なパフォーマンス向上につながる改訂されています。様々な新しい統計情報が追加されている。インデックスコードのいくつかのレース条件が削除されているインデックスコアの簡略化されており、パフォーマンスの向上につながる。ブート時にユーザーコードを実行するためのサポートが提供されます。
タグ: Major bugfixes, Pure Java Edition
The blocking operations core has been revised, leading to significant performance improvements. Various new statistics have been added. Several race conditions in the indexing code have been removed and the indexing core has been simplified, leading to improved performance. Support for running user code at boot time is now provided.

プロジェクトリソース