ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GNU makeとGCC frontendが自動的に多くのことをするので、GNU binutilsは主にLinux開発の舞台裏で動作します。含まれるユーティリティ:ld/nm/as/nm/objdump/objcopy/ar/ranlib/strip/c filt/size/addr2line/dlltool
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-23 00:48
2.22

サポート (TI C6X) プロセッサー ・ ファミリーの TMS320C6000 が追加されました。Hppa ・ ソムのターゲットが任意のホストでコンパイルできます。サポートされた追加の内容を表示します。 debug.macro のセクション。readelf 今腕アンワインド テーブルを表示することができます (。ARM.exidx/。ARM.extab) を使用して、"-u/- リラックス"オプション。Elfedit、新しいツールが追加されました。多くの新しいコマンド ライン オプションなどのように実装された」-ディン syms」readelf の」-プリプロセッサ arg」windres の」-萎縮スタート」と」-萎縮・ エンド」readelf と objdump、」-インターリーブ幅」objcopy のと」-アドレス」と」-かなり印刷」addr2line の。
タグ: Major feature enhancements
Support for the TMS320C6000 (TI C6X) processor family was added. The hppa/som targets can now be compiled on any host. Support was added for displaying the contents of .debug.macro sections. readelf can now display ARM unwind tables (.ARM.exidx/.ARM.extab) using the "-u"/"--unwind" option. A new tool, elfedit, was added. Many new commandline options were implemented, such as "--dyn-syms" for readelf, "--preprocessor-arg" for windres, "--dwarf-start" and "--dwarf-end" for readelf and objdump, "--interleave-width" for objcopy, and "--addresses" and "--pretty-print" for addr2line.

2010-03-05 08:43
2.20.1

このリリースでは2.20に低下し、深刻なバグの修正が含まれています。
タグ: Minor bugfixes
This release contains fixes for regressions and serious bugs in 2.20.

2009-10-18 02:09
2.20

遅延dlltoolへのインポートのサポートが追加されました。 gprofは今ではファイルからシンボルを読み取ることができます。 objcopyはとobjdumpは、新しい出力の書式設定オプションを受信している。他の多くのオプションが追加されたり、強化された。
タグ: Minor feature enhancements
Support for delay importing to dlltool was added. gprof can now read symbols from a file. objcopy and objdump have received new output formatting options. Many other options were added or enhanced.

2009-08-07 04:55
2.19.1

多くの新しいコマンドラインオプションをサポート薄いアーカイブに追加されました追加され、i386ポートでSSE5てください。
タグ: Major feature enhancements
Many new command line options were added.
Support was added for thin archives, for SSE5 in the i386 port.

2008-05-06 17:34
2.18

bfdで37コーディングの問題は、静的配列のオーバーラン、nullポインタを含め、解決され、malloc関数のバッファの使用後に解放されています。 binutilsのソースをすぐにはGPLv3の下でリリースされます。新しいツール"windmc"いくつかの目標のために追加されている。コードページをサポート使いましたツールに追加されました。 -を抽出するシンボルのコマンドラインオプションが追加されました。
タグ: Major feature enhancements
37 coding problems in bfd were resolved, including
static array overruns, null pointer dereferences,
and use of a malloc buffer after it has been
freed. The binutils sources are now released under
GPLv3. A new tool "windmc" has been added for some
targets. Codepage support was added to the windres
tool. The --extract-symbol command line option was
added.

プロジェクトリソース