ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Batchput は、URL FTP、FTPS、SFTP、HTTP、HTTPS、(何か PycURL によってサポートされています) に、指定した正規表現に一致する、ローカル ディレクトリからファイルを転送します。Python で書かれた、それ主にファイルを転送する「着信」継続的に別のホストによってまたは同じような crontab から定期的に呼び出されるものです。それ異なる batchput プロセス、エラーの場合の通知の構成を許可する間の衝突を避けるために - ディレクトリをロックを使用して安全かつ効率的にこれを行うに焦点を当てて (既定では、電子メール、任意のシェル コマンド/スクリプト/プログラムをすることができます) とローカル バックアップの場所をアーカイブしたり単に削除するファイルを転送を移動します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-03-23 17:38
0.9.4

このリリースではユーザー名を格納するオプションは、/でのパスワードを追加します。netrcファイルで自動化されたジョブに(URLエンコードのセキュリティを向上させるには、もはや必要)、および必要なときにASCII転送モードを使用するための新しいオプションです。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds the option of storing username/password in .netrc files in order to improve security for automated jobs (URL encoding is no longer needed), and has a new option for using ASCII transfer mode when required.

2007-03-16 17:34
0.9.3

このリリースでは、アクティブモードでは再び(pycurlのに切り替えることによって分割) -のftpを介して後に- portオプションは、ローカルのアドレスを指定するには、リモートFTPサーバーのデータ接続をオープンする必要がありますこれを使用することができますFTPします。また、ユーザを隠すための正規表現の置換を追加/パスワード情報をプログラムから出力されるリンク先URLに埋め込まれます。
タグ: Major bugfixes
This release allows active mode FTP again (after breaking it by switching to PycURL) through an --ftp-port option that can be used to specify the local address to which the remote FTP server should open a data connection. It also adds regex substitution for hiding user/password info embedded in the destination URL from program output.

2007-03-15 18:42
0.9.2

代わりに、転送のためのftplib pycurlパッケージを使用することができますリライトプロトコルの広い範囲のURLの目的地。以下の他の重要な変更は、 - verboseオプションの代わりにディレクトリを転送するために、単一のファイルを指定する可能性があります。
タグ: Major feature enhancements
Rewritten to use PycURL instead of ftplib for transfers, allowing URL destinations for a wide range of protocols. Other less important changes include a --verbose option and the possibility of specifying a single file to transfer instead of a directory.

2004-06-18 16:48
0.9.1

今ではロックのディレクトリを指定することが可能ですが、それは、TEMP環境変数、または、デフォルトは/ tmpの場合、前者は存在しません。バックアップディレクトリにする代わりに必須の引数はオプションですが指定しない場合、ファイルのソースディレクトリに転送後に残ります。この新しいオプションを転送した後は、バックアップディレクトリに無効にされたソースファイルを削除することです。
タグ: Minor feature enhancements
It is possible to specify the lock directory now, but it will default to
the TEMP environment variable or /tmp if the former doesn't exist. The
backup directory is now optional instead of a required argument; when
not specified, files will remain in the source directory after transfer.
There is a new option to delete source files after transfer when the
backup directory is disabled.

2004-05-26 22:32
0.9.0

タグ: Initial freshmeat announcement

プロジェクトリソース