ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

AutoZenは、Linuxのためのソフトウェア"ブレイン・マシーン"です。一時的に脳を異る周波数に支配させ、ユーザに意識の代替的な状態を体験させます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2001-09-17 03:00
2.1

カラーボックスの機能の間の色の変化(ウィンドウに追加されている赤と同期の音と緑)。これは、効果を高めるためだ。 Makefileに追加されているターゲットをインストールします。高調波が使用される数は、コマンドライン上で選択可能です。パッケージされてなdebianしています。
タグ: Major feature enhancements
A colorbox feature has been added (a window which varies in color between red and green in synch with the sound). This seems to enhance the effect. An install target has been added to the Makefile. The number of harmonics used is now selectable on the command line. The package has been Debianized.

2001-01-30 15:12
1.2.1

リリースの追加は、基本周波数を生成するための新しいユーティリティを上位の高調波を追加し有効性を増加した。wavファイルのCDRにAutoZenシーケンスファイルを、ボリュームをフェードの燃焼に適したファイルがAutoZen開始され、フェードアウトするときは、ユーザが終了するが、とは、実際に何時に(再生、一時停止を押すか、またはシーケンスを再開するが起こるかに基づいて変更を再生puttonのアイコン)。
The release adds increased effectiveness by adding upper harmonics to the base frequency, a new utility to produce a .wav file suitable for burning to CDR from an AutoZen sequence file, volume which fades in when AutoZen is started and fades out when the user quits, and a play putton icon which changes based on what will actually happen when it is pressed (play, pause, or resume a sequence).

2001-01-30 15:12
1.0

最初のパブリックリリース。
Initial public release.

プロジェクトリソース