ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

AutoGenは反復的なテキストを含むプログラムファイルを様々な置換を用いて生成するためのツールです。目標は、大量の反復的なテキストを含むプログラムのメンテナンスを簡素化することです。もしそのようなテキストの同期を維持しなければならないブロックがいくつかある場合は、これは特に有用です。出力はスキーム強化型出力テンプレートを使って指定します。入力は、もしテンプレート上で必要とされている場合、AutoGen定義、CGIデータ、XMLファイルから取り入れることがあります。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-11-09 09:49
5.10

時のオプションifdefまたは指令を属性()を介して構成されて、今はまだ使用テキストのように"を見ることが無効になって"。 AutoOptsすぐに新しいオプション属性:エイリアスをサポートしています。このオプションは、使用量のテキストが表示される場合とまったく同じエイリアス-にオプションを指定されて処理されます。 AutoGenのトレースを出力する場合のリダイレクトは、出力(すなわち、""ファイル)に追加されますを示すためにシェルを使用したファイルの名前とスタイルを追加するプレフィックスをすることができます。
タグ: Major feature enhancements, Major bugfixes
When an option is configured out (via ifdef or ifndef attributes), it can now still show up in usage text as "disabled". AutoOpts now supports a new option attribute: aliases. This option will be listed in the usage text, but will be handled exactly as if the aliased-to option were specified. AutoGen tracing output now allows you to prefix a file name with shell-style append redirection to indicate that the output appends to the file (i.e. >>file).

2008-11-17 10:16
5.9.6

新しい関数の時間、文字列"番号(ラのISO様々な時間期間の文字列に変換されます- 8601)の秒数に。様々なあいまいなクリーンアップされます。
タグ: Minor feature enhancements
A new function time-string->number will convert various time duration strings (a la ISO-8601) into a count of seconds. There are various obscure cleanups.

2007-10-08 02:11
5.9.3

微調整。 AutoOptsの曇り車両。
タグ: Code cleanup
Minor tweaks. Mostly the vehicle for AutoOpts.

2007-05-06 00:53
5.9.1

-使用]オプションがサポートされます。設定の抑制、環境変数が正しく動作を解析します。クリーンアップ、WindowsとDebianのパッケージ化のために作られた。
タグ: Minor feature enhancements
The --usage option is now supported. Suppression
of configuration file parsing with environment
variables now works correctly. Cleanups were made
for Windows and Debian packaging.

2007-01-28 01:21
5.8.9

いくつかの構成の問題が修正された。
タグ: Minor bugfixes
Some configuration issues were fixed.

プロジェクトリソース