ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

AUCTeXは、はるかに強化されたEmacsと一部のGNUプロジェクトのための(La)Tex環境です。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-06-08 01:46
11.83

新機能のTeX - CCのアクセスのドキュメントdocの?。のための新しい"クリーン"と"クリーンすべて"コマンドファイルと出力ファイルの中間。 PDFファイルにpdfsyncサポート(前方検索)。 LaTeXの独自のツールバーはデフォルトで有効になっています。いくつかのバグが修正されている。
タグ: Minor feature enhancements
A new function TeX-doc for accessing docs on C-c ?. New "Clean" and "Clean All" commands for intermediate and output files. pdfsync support (forward search in PDF files). LaTeX comes with its own toolbar enabled by default. Some bugs have been fixed.

2005-12-19 05:25
11.82

エラーや警告プロセッサの呼び出しからの結果の処理を改善しました。順序で入力してサブにすると数学では上付き文字以上、入力時に挿入する括弧の自動便利な構文'^'または'_'をアクティブにすることができます。フランス語引用符としてfrancais'バベルのオプションを、今は単に"一部のLaTeXパッケージのオプションです。補完サポートを入力して入力することができます'frenchb'または'によって追加されたサポートされてマークされます。様々なバグ修正されます。
タグ: Minor feature enhancements
Processing of errors and warnings resulting from processor invocations was improved. In order to make typing sub- and superscript in math constructs more convenient, automatic brace insertion upon typing '^' or '_' can be activated. French quotation marks as supported by the 'frenchb' or 'francais' babel options can now be entered by simply typing ". Completion support for options of some LaTeX packages was added. There are various bugfixes.

2005-09-30 22:59
11.81

最も重要な機能のプレビューを含める- latexのサブシステムは、以前は個別に入手可能です。インストール手順は、今はプロセスの一部です(これらのようだった、手動でコピーすることは、起動ファイルをインストールする以前に)。あなたのauctexとプレビューの以前のインストールのインストール手順を開始する前に、ラテックスを削除してください。そのままのtarballはもはやから標準的なインストールする必要はmakeinfoやPerl。いくつかのマイナーな機能強化が追加されている。
タグ: Major feature enhancements
The most important feature is the inclusion of the preview-latex subsystem, previously available separately. The installation procedures now also install startup files as part of the process (those had to be copied manually previously). You are advised to remove previous installations of AUCTeX and preview-latex before starting the installation procedure. A standard installation from an unmodified tarball no longer requires Makeinfo or Perl. Several minor feature enhancements have been added.

2005-03-03 22:28
11.55

このリリースで修正*コンパイル*バッファのEmacsセッションでは、最初のLaTeXのログファイルは、不要な表示充填時の末尾の空白の誤挿入し、'ファイルモード指定エラーがロードされる:(エラー"変数のバインディングの深さ最大を超えることspecpdlサイズ")'の場合、古いemacspeakのパッケージがインストールされます。しかし、両方のEmacsとXEmacs regexpは、`の正しいバージョンopt.el'は、単にemacspeakの安全が表示されますあなたのコピー内ではそのようなファイルを削除が含まれます。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes erroneous insertion of trailing whitespace during filling, unwanted display of the *Compile-Log* buffer when the first LaTeX file in an Emacs session is loaded, and 'File mode specification error: (error "Variable binding depth exceeds max-specpdl-size")' if an outdated Emacspeak package is installed. But since both Emacs and XEmacs contain a correct version of `regexp-opt.el', simply removing any such file within your copy of Emacspeak appears safer.

2005-01-12 20:24
11.54

これは主として、XEmacs用のバグ修正リリースでは、同様のフォントで、パフォーマンスの問題のロックおよび充填であり、逐語的な環境の壊れたフォント表示のような他の問題。フォントロック今ではかなりの程度まで、カスタマイズすることができますやURL、リスティング広告jurabibのサポート、およびcsquotes追加されました。パーサーは、すぐに\のような追加の一般的なコマンドDeclareRobustCommandを理解します。新しい2つのセクションでは、マニュアルに追加された:"クイックスタート"初心者のための、および"フォントロック"を記述する構文のauctexでは、カスタマイズオプションを強調。
タグ: Major bugfixes
This is mainly a bugfix release for XEmacs, as well as performance issues with font locking and filling, and other issues like broken fontification of verbatim environments. Font locking can now be customized to a great extent, and support for URLs, listings, jurabib, and csquotes was added. The parser now understands additional common commands like \DeclareRobustCommand. Two new sections were added to the manual: "Quick Start" for beginners, and "Font Locking" describing syntax highlighting in AUCTeX and its customization options.

プロジェクトリソース