ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Astro::Catalog モジュールは、汎用のオブジェクト指向の天文カタログです。オンライン USNO A2 とガイド星カタログ ESO/セント-ECF が提供するアクセスを提供し、また箱舟クラスター形式ファイルへの読み取り/書き込みアクセスを提供します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-06-08 06:36
3.9.9

このリリースではさらに多くのIOとクエリのクラスが含まれます。他のもののうち、サポートのFITS用のバイナリテーブルのSTL、GaiaPick、UKIRTBS、FINDOFF、アストロム、およびSExtractor入出力形式が追加されている。このリリースでは、中には主要な機能強化が含まれていますv4への途中でのリリースではバージョン3.xの最後とされているチェックポイントのリリースは、おそらく、モジュールのバージョン、前との下位互換性が損なわれますされます。
タグ: Major feature enhancements
This release includes many additional IO and Query
classes. Among other things, support has been
added for FITS binary tables, STL, GaiaPick,
UKIRTBS, FINDOFF, Astrom, and SExtractor IO
formats. This release will be the last of the V3.x
releases and is a check point release on the way
to V4 which, while it contains major feature
enhancements, will probably break backwards
compatibility with preceding versions of the
module.

2003-11-13 00:04
3.5.1

バージョン3は、モジュールのAPIのバージョンの前に使用される既存中断します。しかし、多くの新しい機能がされて実装するのは難しいだろうし、維持し、下位互換性が導入されます。 V3の新機能プラグインのI / Oをサポートし、フィルタリング、およびインライン取得カタログの並べ替えをしています。改善の多くは、容易には、ユーザが顕著な、仕事の場としてされていないパッケージのインフラになっている。これは、追加のI / Oおよびクエリのサポートを追加するより簡単になされているということです。
タグ: Major feature enhancements
Version 3 of the module breaks the existing API used by preceding versions. However, much new functionality is introduced that would have been hard to implement and maintain backwards compatibility. New features for V3 include pluggable I/O support, filtering, and inline sorting of retrieved catalogues. Many of the improvements are not readily noticeable by the user, as alot of work has gone into the infrastructure of the package. This means that adding additional I/O and Query support has been made much easier.

プロジェクトリソース