ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Arpingは、ARPレベルのpingユーティリティです。これは、サブネットにルーティングする前にIPを取得できるかを調べるのに使えます。また、MACアドレスに対して直接pingを打つことができます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-30 12:38
2.13

Ping タイムアウト秒、バグ libpcap Solaris 上で周りの作品の一部分のための w とバグフィックスし、gratuitous ARP を実装したこのリリース「タイムアウト」を出力します (-U)。
This release prints "Timeout" when pings time out,

fixes a bug with -w for fractions of seconds,

works around a bug in libpcap on Solaris,

and implements gratuitous ARP (-U).

2012-02-29 07:40
2.11

Null ポインターを逆参照このリリースで修正バージョン 2.10 で導入。
This release fixes a null pointer dereference introduced in version 2.10.

2012-02-27 04:22
2.10

このリリースは多くの改善と携帯のフェースの自動検出を追加します。使用可能な場合 clock_gettime() を gettimeofday() を置き換えます。Poll() から戻る select() を Mac OS X でのバグを回避するに変更されています。
This release adds much improved and portable interface autodetection. It replaces gettimeofday() with clock_gettime() where available. It has been changed back from poll() to select() to work around a bug in Mac OS X.

2010-04-02 07:22
2.09

このリリースでは、- Dオプションを追加して見るドットと感嘆符。オールドarpingの1.xのコードが削除されています。 autoconfは使用されるシステムを構築します。 Solarisのタイミングシステムが修正されました。 Solarisは自動的に追加されている発信インターフェイスを検索します。このリリースではビープ音が鳴ります応答がない。
タグ: Minor bugfixes
This release adds a -D option that show dots and exclamation marks. Old Arping 1.x code has been removed. The autoconf build system is used. The Solaris timing system has been fixed. Solaris auto-find outgoing interface has been added. This release will beep when there is no reply.

2008-08-15 02:29
2.08

回帰のBSDでコンパイルできるように修正されている。そこ以外の変更はありません- BSDのプラットフォームです。
タグ: Minor bugfixes
A regression has been fixed to allow compilation on BSD. There are no changes for non-BSD platforms.

プロジェクトリソース