ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

琥珀は興味深く、複雑な音の作成に作曲家、ミュージシャンを支援するために Linux 用の使いやすい粒状の合成ツールを目指しています。理論と粒状合成テクニックの適用の詳細については、http://shoko.calarts.edu/~eric/gs.html で発見ことができます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2001-11-12 10:37
1.0.5

このリリースでは、すべての時に実行しないようにプログラムが原因なへまを1.0.4で行われた。
タグ: Major bugfixes
This release fixes a major flub made in 1.0.4, which caused the program to not run at all.

2001-11-05 11:08
1.0.4

'amberscript'は、ソースツリーから削除され、グラフィカル版は、動作している。すべてのスタンダードを使用して:するchar配列を使用してから変更されました:stringです。
タグ: Minor bugfixes
'amberscript' was removed from the source tree, and the graphical version is in the works. Everything was changed from using char arrays to using std::string.

2001-01-30 15:12
1.0.2

このバージョンでは大幅な向上を畳み込みアルゴリズムは、高速フーリエ変換を使用して修正小さなコンパイラ- 1.0.0のコード内の特定のバグが含まれています。
This version includes a much-improved convolution algorithm using the Fast Fourier Transform, and fixes a small compiler-specific bug in the code of 1.0.0.

2001-01-30 15:12
1.0.0

最初のリリース。し、穀物を生成する5つのメソッドを最大5着信オーディオストリームのためのサポートを含みます。これは読み取りのみをAIFFファイルに書き込みます。サポートおよびバッチ処理、構成ファイル、スクリプトを実行し、コマンドラインスイッチが存在します。
Initial release. Includes support for up to 5 incoming audio streams, and 5 different methods of generating grains. It reads and writes AIFF files only. Support is present for scripting and batch processing, configuration files, and command line switches.

プロジェクトリソース