ダウンロードリスト

プロジェクト概要

AKFAvatar はテキスト指向のアプリケーション アバターが画面に表示し、バルーンで情報を提供します派手なグラフィカル ユーザー インターフェイスです。また、録音されたオーディオ ファイルをサポートしています。Lua の AKFAvatar のアプリケーションを記述することができ、C とフリーのパスカルのためのインターフェイスがあります。テキスト ビューアーと質問答え演習になりますモジュールを含むすぐに利用できるアプリケーションおよびモジュールの数を示します。POSIX 互換のオペレーティング システムのある男ページ ビューアーとターミナルエミュレーターを可能この派手な環境で多くの既存のターミナル ベースのプログラムを実行します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-25 12:24
0.23.0

コードより少ない依存 SDL になされ、新しい実験バックエンド Linux フレームバッファデバイス用です (ie。 ない SDL と必要ない X 11)。さらに、それが Unicode を組み合わせることをサポートしています文字。XPM ファイル以上 256 色のサポートが修正されました。
The code was made less dependend on SDL, and there is a new experimantal backend for a Linux framebuffer device (ie. no SDL and no X11 needed). Furthermore, it supports combining Unicode characters.
Support for XPM files with more than 256 colors has been fixed.

2012-08-29 07:50
0.22.1

これは主要な更新です。多くの変更を Api であり、Lua 5.2 を使用しています。(アバター-) イメージは、今のヘッダーまたはフッターのロゴがあります。読み込み中のオーディオ ファイルを再生できます。
This is a major update.
There are a lot of changes in the APIs, and it uses Lua-5.2 now.

The (avatar-)image can now be a header or footer logo.
Audio files can be played while loading.

2011-09-16 02:38
0.21.2

タイトル/ショートネームを設定すると、再び動作するように。ファイルチューザは、現在システム固有の文字セットを持つファイルを示しています。
Setting the title/shortname works again. The filechooser now shows files with the system-specific charset.

2011-08-29 00:35
0.21.1

いくつかの最適化とバグ修正があります。 C - APIが変更されました。 miltilingual Luaスクリプト用の新しいモジュールがあります。
There are some optimizations and bugfixes. The C-API has changed. There is a new module for miltilingual Lua scripts.

2011-07-15 19:16
0.20.0

プログラムのavatarsa​​yはないからだ。それは何ができるすべてのものは、現在のlua - akfavatarで行うことができます。ドキュメンテーションは、プログラム内で表示することができます。 UTF8文字列用の新しいのLUA -モジュールが存在する、端末エミュレーションはLuaのモジュールであり、およびOgg Vorbisのオーディオファイルやグラフィックスを描画するためにモジュールをロードするモジュールがあります。注目すべき新しいのLUA -アプリケーションは、機能プロッタ、クロック、およびオーディオプレーヤーです。
The program avatarsay is no more. Everything it could do can be done with lua-akfavatar now. The documentation can be viewed from within the program. There are new Lua-modules for UTF8-strings, the terminal emulation is now a Lua module, and there is a module to load Ogg Vorbis audio-files and a module to draw graphics. Notable new Lua-applications are a function-plotter, a clock, and an audio player.

プロジェクトリソース