ダウンロードリスト

プロジェクト概要

AFDは、自動的にローカルまたはリモートホストへファイルを配布するためのプログラムです。ファイルはFTPやSMTPを使用して配布され、並行して優先順位を持って送信することができます。これは、監視およびすべての活動の分布と豊富なロギングを制御するためのGUIを提供します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-17 04:43
1.4.5

多くの HTTP サーバで動作するようにこのリリース HTTP コードが向上します。ローカルのファイルをコピーする場合、元のファイルの修正時刻が保持されます。SSH ログイン今周期タイムアウトなし動作します。IPv6 のための初期のサポートですが、コードがまだテストされていません。ハード リンク保護が有効になっており、それについてユーザーに警告するときを検出します。またハードウェア SSE4.2 の Cpu 上で計算をサポートする新しい crc-32 アルゴリズムを追加します。いくつかの可能なバッファー オーバーフローを削除します。Rpm パッケージは、現在スタック オーバーフロー保護がコンパイルされます。
タグ: Stable
This release improves the HTTP code so that it works with more HTTP servers. When copying files locally, the modification time of the original file is kept. SSH logins now work without the periodic timeouts. There is initial support for IPv6, but the code is still untested. Detects when hard link protection is enabled and warns the user about it. Adds a new CRC-32 algorithm that also supports calculation in hardware on CPUs with SSE4.2. Removes several possible buffer overflows. RPMs are now compiled with stack overflow protection.

2011-02-24 00:45
1.4.3

検索ボタンをDIR_CONFIGデータを表示しているすべてのダイアログに追加されました。 afd_ctrl、dir_ctrl、およびmon_ctrlでは、一方はすぐにCtrlキーを押して、フォントサイズを変更することができます"と+"または" - "。親と子の同期はデータ配信を実行して、それらの複数につながる可能性が厄介な問題を解決するdir_checkプロセスに追加されました。未知のpexecオプションが修正されて指定したときに、開発庁が無限ループに入って行くバグを修正しました。
A search button was added to all dialogs showing DIR_CONFIG data. In afd_ctrl, dir_ctrl, and mon_ctrl, one can quickly change the font size by pressing Ctrl and "+" or "-". Parent and child synchronization were added for the dir_check process, which solves the nasty problem that could lead to more than one of them running distributing data. The bug in which AFD goes in an endless loop when specifying an unknown pexec option was fixed.

2010-10-26 15:57
1.4.2

一定の条件の下で、多くのオープンファイル記述子につながる可能性エラーがAMGのプロセスがDIR_CONFIGで指定されたオプションの最大数に達したときにクラッシュする可能性が問題と一緒に修正されました。キューを切り替えるかをスタート/ホストを停止し、現在の原子の方法で行う必要があります。 edit_hcダイアログでは、適切なブロックサイズを示しています。 afd_infoとmon_infoダイアログで、今では情報を直接編集することが可能です。 %のT時間修飾子が対象のオプションが追加されました。いずれかのオプションを抽出- Hの掲示板からWMOのヘッダーを削除することができます。開発庁とafdmonのinitスクリプトは、よりLSB準拠なされている。
An error that could lead to many open file descriptors under certain conditions was fixed along with a problem where the AMG process could crash when the maximum number of options specified in DIR_CONFIG was reached. Toggling the queue or starting/stopping a host should now be done in an atomic manner. The edit_hc dialog now shows the correct block size. In the afd_info and mon_info dialogs, it is now possible to edit the information directly. The %T time modifier was added for the subject option. One can remove WMO headers from a bulletin with the -H extract option. The init scripts for afd and afdmon have been made more LSB compliant.

2010-03-08 22:33
1.4.1

検出Xpmライブラリのサポートを改善しました。 HTTP経由でファイルを取得する複数のWebサイトで動作します。 URL内のほかのエラーの場合は現在、ユーザーに報告されます。アルダのリモートログを処理するように拡張されているファイルも。
タグ: Minor Bug fix and enhancement
Detection of XPM support was improved. Fetching files via HTTP works now with more Web sites. More error cases in an URL are now reported to the user. Alda has been extended to handle remote log files as well.

2009-11-27 20:35
1.4.0

新しいコマンドラインツールは、あなた開発庁ログを評価することができますが追加されました。ログはユーザーが望んで任意の形式で印刷することができます。ダイアログafd_ctrl、mon_ctrl、今で高速表示するため、外部ビットマップを使用dir_ctrl。 SMTP認証のサポートが追加されている。 SSHプロトコルについては、一部にopensshの拡張機能を直接サポートされます。
A new command line tool was added, which allows you to evaluate AFD logs. The logs can now be printed in any format the user wants. The dialogs afd_ctrl, mon_ctrl, and dir_ctrl now use an external bitmap for faster display. Support for SMTP authentication has been added. For the SSH protocol, some of the openssh extensions are now directly supported.

プロジェクトリソース