ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GNU ddrescue is a data recovery tool. It copies data from one file or block device (hard disk, CD-ROM, etc.) to another, trying to rescue the good parts first in case of read errors. GNU ddrescuelog is a tool that manipulates ddrescue logfiles, shows logfile contents, converts logfiles to/from other formats, compares logfiles, tests rescue status, and can delete a logfile if the rescue is done.
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-14 23:59
1.16-rc3

新しいオプション」- K - スキップ サイズ」が追加されました。オプションを構成する」--datadir」に名前が変更されている」-datarootdir「GNU 標準に従うこと。
タグ: Development
The new option "-K, --skip-size" has been added. Configure option "--datadir" has been renamed to "--datarootdir" to follow GNU Standards.

2012-02-23 11:08
1.16-rc2

現在の位置は後方、再開できるようにリバース モードで読み取るときに、ブロックの末尾が設定されました。
タグ: Development
The current position is now set to the end of the block when reading backwards, allowing resumability in reverse mode.

2012-01-12 07:06
1.16-rc1

「- E - 最大エラー ・ レート」オプションでは、今実際障害が発生したリード サイズ エラーのない成長の速度をチェックとエラー率、エラー メッセージに示します。引用文字メッセージで GNU コーディング基準をアドバイスとして変更されました。
タグ: Development
The "-E, --max-error-rate" option now checks the rate of actually failed reads, not the growth of error size, and shows the error rate in the error message. Quote characters in messages have been changed as advised by GNU Coding Standards.

2012-01-03 08:03
1.15

オプション」、- 分 - 読む-率」、「- 私は、- を確認入力サイズ」、」- 拡張 outfile x -」が追加されました。Ddrescue 今確認しますその infile、outfile とログファイルはすべて異なります。非試みたブロック今クラスタ サイズ セクタを整列読み取られます。分割パスの「分割またはスキップ」アルゴリズムが改善されました。スプリアスの警告"-D"塗りつぶしモードでは無視されて削除されました。Ddrescuelog、操作、表示、変換、比較、および ddrescue のログファイルのテストのためのツールが追加されました。
タグ: Stable
The options "-a, --min-read-rate", "-I, --verify-input-size", and "-x, --extend-outfile" have been added.
Ddrescue now verifies that infile, outfile, and logfile are all different. Non-tried blocks are now read aligned to cluster-size sectors. The "split or skip" algorithm of the split pass has been improved. A spurious warning about "-D" being ignored in fill mode has been removed.
Ddrescuelog, a tool for manipulation, display, conversion, comparison, and testing of ddrescue log files, has been added.

2011-11-24 08:22
1.15-rc1

新しいオプション」- 私は、- を確認入力サイズ」、「- 拡張 outfile x -」が追加されました。Ddrescue 今確認しますその infile、outfile とログファイルはすべて異なります。非試みたブロック今クラスタ サイズ セクタを整列読み取られます。分割パスの「分割またはスキップ」アルゴリズムが改善されました。Ddrescuelog のデフォルト ブロック サイズは、512、ddrescue によって使用される値に変更されました。
タグ: Development
The new options "-I, --verify-input-size", and "-x, --extend-outfile" have been added. Ddrescue now verifies that infile, outfile, and logfile are all different.
Non-tried blocks are now read aligned to cluster-size sectors. The "split or skip" algorithm of the split pass has been improved. The default block size for ddrescuelog has been changed to 512, the value used by ddrescue.

プロジェクトリソース